FC2ブログ
いらっしゃいませ。ようこそ缶珈琲専門店へ。 当店のお勧め缶珈琲をご賞味ください。
<正面写真>
WONDA THE Cafe Au Lait frontview
「THE Cafe Au Lait」。シンプルなネーミング。定番化されつくしたカフェオレ界に真っ向勝負を挑む。これは本気だ。一見して字の多いデザインも、飾らずに真正面から勝負する意欲を感じさせる。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
真っ向勝負指数 ★★★★★

ミルク感良好、強めのコクとミルクのマッチング良好、濃厚さも良好。これはマスター好みの一品。「練乳、砂糖などをじっくり煮詰めた『ローストミルク』のまろやかでコクのあるミルク感」。まさにその通り。よい仕事をしましたね。その直球、確かに受け止めた。
本日、ネッツトヨタにて「iQ」のパンフをもらってきた。これもトヨタの直球勝負。とことん小さく。良い仕事だ。売れるんじゃないかと思う。消費は冷え込んでいるが。

<イメージ>
WONDA THE Cafe Au Lait image
スポンサーサイト



<正面写真>
WONDA COOL VANILLA FRONTVIEW

「COOL VANILLA」。「男のデザート缶コーヒー」。こういうのを待ってたんですYO
バニラ味は過去に FAMILY MART が 「PASSO PRESSO」 のブランドで 「Vanilla cafe au lait」 なる缶コーヒーを出していた。これは非常に美味しかった。バニラとコーヒーが合うことを教えられた。それだけにこいつも期待だ!

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
待ってました指数 ★★★★★

うん、期待に違わぬ逸品。うまいです。もう少しコーヒーの苦味・コクが効いていれば5つ星は間違い無し。爽やかな甘みと喉越しはまさに 『デザート缶コーヒー』 だ。少し軽く感じられたところが残念。今後のマイチェンに大期待。バニラの商品展開は絶対ウケると思いますよ。缶コーヒー各社さま。
公園のパンジーがきれいに咲いている。ひげおじさんの顔がかわいらし・・・、あっ、こらっ、カシャッ。

<イメージ>
WONDA COOL VANILLA IMAGE

<正面写真>
WONDA ZEROMAX FRONTVIEW

上から順に赤・白・銀。どんな意味が込められているのかは判別できないが、なんともすっきりした、爽やかさを感じるデザインだ。「ZEROMAX」のネーミング、「糖質0」の文字、全身で無糖を主張している。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
小春指数 ★★★★★

微糖コーヒーにつき物の、残念な人工甘味料的甘さが残っているものの、飲み進むに付け、コーヒーの適度なコクにかき消されていく。こういう点はさすがにWONDAだ。ファーストコンタクト時の違和感を取り除けば、このカテゴリーも立派なグルメとして成立するだろう。微糖コーヒーの進歩と、若干の課題を感じた一本だ。
花見シーズンが遂に始まりました! 花粉を恐れずに飛び出そうではないか!!

<イメージ>
WONDA ZEROMAX IMAGE
<正面写真>
WONDA ココチーノ FRONTVIEW

「男のデザート缶コーヒー」、その名も 「ココチーノ」。 きましたなー、このネーミング。ガーナ産ココア使用とのこと。でも缶コーヒーなのだ。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
男専用指数 ★★★★★

珈琲とココアの絶妙なるHARMONY。コーヒーと言うにはココアであるが、ココアと言うにはコーヒーである。つまりココアのどろりとした甘みにコーヒーの苦味とコクがマッチングしているのだ。これは新しい味。ファーストコンタクトではココアを若干強めに感じるが、飲みつくす頃にはコーヒーのコクを強く感じる。まさに男のデザートである。
さて、今年の家族旅行は何処にしようか。道後温泉?

<イメージ>
WONDA ココチーノ IMAGE
<正面写真>
WONDA 金の微糖 PREMIUM FRONTVIEW

GOLDに輝くボディにブラックの極太ライン。「PREMIUM」。外観はまさに「PREMIUM」を的確に表現。男の所有欲を満たす逸品!

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
懐に忍ばせておきたい逸品指数 ★★★★★

苦味は抑え目。コク良し。以外に尖がったところは無かった。残念なのは人口甘味料的甘みが残ること。これが好きな人も居るのかもしれないが、マスター的には珈琲の味をスポイルしているように感じる。これは近時流行の微糖缶コーヒー全般に言えることではあるが、「金の微糖」もそこから脱するほどのインパクトは感じれなかった。
寒い日が続くが、満開の梅を見ながら、ほっと一息。その後はマックフルーリー ダブルショコラで締める。まさにプレミアムなひと時。

<イメージ1>
WONDA 金の微糖 PREMIUM IMAGE2


<イメージ2>
WONDA 金の微糖 PREMIUM IMAGE1
<正面写真>
WONDA DEMITASSE FRONT VIEW

最近なぜか増えてきたデミタスコーヒー。各社がデミタスをリリースする中、アサヒはどう攻めるか。濃緑地のデザインが深いローストを想像させる。「DEMI」→「HALF」、「TASSE」→「CUP」(フランス語)。つまりDEMITASSEは半分サイズのコーヒーカップの意でエスプレッソ専用のコーヒーカップのことを意味するらしい。だから各社ともデミタス缶コーヒーは小さいのか!

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★★☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
18禁指数 ★★★★★

苦味が強め、かつコーヒー感が濃厚。大人の味付けだ。贅沢なコク。子供は飲んじゃダメ。これはミッドナイトドライブに最適だ。新型GT-Rに乗って阪神高速湾岸線でも走って、ポーアイ北公園で神戸の夜景を一人眺めながらこいつを・・・。いかんいかん、また空想にふけっていた。
ふと気付けば、家中にアンパンマンがあふれている。小さな子供がいる家庭はどこもこんな感じかなぁ。

<イメージ>
WONDA DEMITASSE IMAGE
<正面写真>
WONDA 厳選有機豆100%使用 FRONTVIEW

この缶コーヒーには具体的な名称はない。「厳選有機豆100%使用」の文字があるのみだ。しかも「純水ドリップ」「香料不使用」の文字が。食に対する不安の尽きぬこのごろ、安全を前面に押し出すこの言葉たち。アサヒは時代の流れに沿ったWONDAをリリースした。
今気付いたが、「WONDA」って「WONDERFUL」からとったの?

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
食の安全守ります指数 ★★★★★

苦味、甘みともに強めのチューニング。苦味が強い缶コーヒーには久々に出会った感がある。「すっきりとした後味」とあるが、若干甘みが後に残るか。
ついに近所の空き店舗に99ショップがオープンしました!

<イメージ>
WONDA 厳選有機豆100%使用 IMAGE

<正面写真>
Asahi COCKTAIL PARTNER カフェ&ミルク FRONTVIEW

カクテルパートナー。リキュールだが、コーヒー味である以上、ここで紹介しないわけにもいくまい。140円。270ml。値段的には一般的な缶コーヒーと大差ない。「カフェ&ミルク」がカクテルになるとどんな感じになるのだろうか。カルーアみたいな感じ?

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
アルコール 度 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
飲んだら乗らない。乗るなら飲まない指数 ★★★★★

カルーアミルクとは違う方向性だ。あれほどミルク感は濃厚ではない。むしろコーヒー感とミルク感のバランスを考えてカクテル化したイメージ。甘みが強いが、これはカクテルとしては当然だろう。缶コーヒーマニアとしても十分楽しめる。まぁこういうのもいいんぢゃないでしょーか。うぃ~。
クリスマスまで1ヶ月。街がクリスマス色に変わり始めた。

<イメージ>
Asahi COCKTAIL PARTNER カフェ&ミルク IMAGE

<正面写真>
WONDA AFTER SHOT FRONTVIEW

モーニングショットに続いてアフターショットも衣替え。上端にコーヒーの写真のラインが入りました。これはモーニングショットと共通。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★☆☆☆
デザイン ★★★★☆
朝進化指数 ★★★★★

食後の定番缶コーヒーならではの軽快感は変わっていない。正直言うとどの辺が進化したのか分からなかった。飲み較べが必要だ。甘み・苦味とも押さえ気味で爽やかな味付け。人口甘味料系の甘さが爽やかさを引き立てる。朝ごはんの後はこの缶コーヒーを。
いやはや時の経つのは早いもんで、夏かった暑が過ぎたと思ったらもう10月も半ば、ハロウィンの季節です。

<イメージ>
WONDA AFTER SHOT image

<正面写真>
WONDA Morning Shot frontview

ワンダの超定番、「Morning Shot」が装いを新たに新登場!!モーニング戦争に敗れたワンダのリベンジなるや!?
デザインは変わったが全体的なイメージは不変。正常進化とでも言おうか。コーヒー豆の写真が入ったところからしてコーヒー感を強めたか?

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
モーニング指数 ★★★★★

若干甘みが抑えられた。適度に口に残る、良好な苦味は健在。甘み苦味の絶妙なバランスはまさに朝専用。仲間由紀恵から桑田佳祐に引き継がれたCMはまさにこの甘みを抑えたマイチェンを物語るものと言えよう!!
この時期、旧タイプモーニングショットの在庫清算が済んでいない。この時期のみ楽しめる比較試飲という贅沢な楽しみ。極楽ぢゃ~

<イメージ>
WONDA Morning Shot image

<正面写真>
WONDA 100念BLACK FRONTVIEW

1908年、ブラジルに夢を託して旅立った日本人達。彼らが異国の地で花咲かせた珈琲農園の豆のみを使用した逸品。来年でちょうど100年目。この缶コーヒーには先人たちの夢とロマンが詰まっている。黒い缶に彼らの夢を追いかける。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
酸  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
100年度 ★★★★★

苦味酸味とも抑え気味であるがバランスよく、爽やかに楽しめる、非常に良好な味付け。この味はGOOD。Black珈琲はえてして苦味酸味のいずれか、又は両方が強くなりすぎる嫌いがあるが、こいつは両者を上手く調教している。
最近、Black珈琲がブームだ。無糖珈琲がブラックと呼ばれる所以は存じ上げないが、ブラックという呼び名から、どのメーカーも黒缶を採用する。結果、似通ったデザインとなりがちだ。それゆえに本缶は「100年」の文字が光る。

<イメージ>
WONDA 100念BLACK IMAGE

<正面写真>
WONDA NEXT STAGE FRONTVIEW

小さめの190g缶。上下に走る黄金のラインがプレミアム感を盛り上げる。コーヒー豆から立ち上る火柱がまぶしい。「有機栽培珈琲豆100%使用」。食の安全が気になる今日この頃、缶コーヒーとて原料の安全性に配慮せぬわけにいくまい。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
食の安全度 ★★★★★

甘み苦味バランスよし。飲み始めに甘み感じるも、飲み進むにつけ程よい苦味が口中に広がる。深く濃いコーヒーのコクがGOOD。
今日の朝ごはん。ビタミンよし。ミネラルよし。納豆菌よし。そして有機豆コーヒーでカフェインを補給。なんて健康的(?)なんだ。

<イメージ>
WONDA NEXT STAGE IMAGE

<正面写真>
WONDA CAFE Au Lait frontview

濃淡のGOLDのラインが目印。コーヒーとミルクの調和をイメージしたデザイン。しかし、このデザイン、どこかで見たような・・・。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★☆☆
このデザイン、どこかで見た度 ★★★★★

カフェオーレならではの甘みの強い味付け。ミルク感、コーヒー感とも強めでチューニングしてある。しかし、口に残るこのコーヒーのコク、これは良いですな。甘みも飲み進むに付けミルク感の裏に隠れてゆく。
ほっと一息にぴったり。
しかし、このデザインはどこかで見たような気がしませんか。みなさん。おっと、間違えるところであった。

<イメージ>
WONDA CAFE Au Lait image

<正面写真>
WONDA Morning Shot front view

シャキっと目を覚ます赤。そして白抜きのWONDAラベルから顔を出す黄金の太陽。Morning Shotというネーミングがまたいいではないか。全身で「朝専用」が表現される。シチュエーション別缶コーヒーという新たなジャンルを切り開いた功績は評価に値する。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
モーニング指数 ★★★★★

「スッと飲めて、キリッと苦味」と説明されているが、苦味は押さえ気味だ。BOSS Begin! に比して若干甘みが強いか。BOSS Begin! との間に勃発した朝専用缶珈琲戦争(通称モーニング戦争)、缶コーヒーマスターとしては若干BOSS Begin! に軍配を挙げる。BOSS Begin! は高度な戦いを制したがMorning Shot の功績に鑑みると完勝とは言えない。今後のマイチェン動向に期待。
朝。僕は窓の外に白み始めた空と木々の緑を眺め、ネクタイをキュッと結んだ。さて、今日も頑張りますか。

<イメージ>
WONDA Morning Shot IMAGE

<正面写真>
WONDA BIG COFFEE front view

くすんだ黄色地にこげ茶にて「BIG COFFEE」の文字。非常にシンプルなデザイン。190g缶が一般的となった缶コーヒー界では250g缶は「BIG」と言えよう。しかし、「BIG」を名乗るなら350g缶にチャレンジして欲しかった。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
極太指数 ★★★★★

甘みの強い味付け。ミルク感良好。この味は古典的だ。高校時代に良く飲んだ缶コーヒーの味付けを思い出させる。気取らずにたっぷり楽しめる大容量が良し。
なろうなろう明日なろう。明日はBIGになろう。明日はもっと極太になろう。

<イメージ>
WONDA BIG COFFEE IMAGE

// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 缶珈琲専門店 all rights reserved.
ご訪問頂いたお客様
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング
メーカー別
過去のメニュー
新入荷缶コーヒー
ブロとも申請フォーム
お探しのコーヒーは?