FC2ブログ
いらっしゃいませ。ようこそ缶珈琲専門店へ。 当店のお勧め缶珈琲をご賞味ください。
<正面写真>
FIRE THE AROMA FRONTVIEW
「THE AROMA」。「ラムの香り」。「〈ノンアルコール〉」。そして紺色、シルク風の背景。全てが大人、つまりアダルトだ。ここまでターゲットを特化するならアルコール入りでも良かったか。食品関係法の関係で制約があるのだろうか。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
アダルティア指数 ★★★★★

濃厚系でコク強め。苦味もやや強。ほのかに洋酒の香り漂う魅惑の逸品。これはオススメできます。やはりブランドの統一性こそが僕たちに夢を与え、購買意欲を感じさせるに至るのだ。そんなブランディングの常識を再認識した一本であった。
2008年10月19日に京阪電車中之島新線が開業する。真ん中に見えるのが新しい大江橋駅だ。おしゃれな外観。陸の孤島と呼ばれた淀屋橋界隈が大きく変革することが予想される。この辺でマンション買って転がせないものか・・・。大人な缶コーヒーには大人な妄想が良く似合う。

<イメージ>
FIRE THE AROMA IMAGE
スポンサーサイト



<正面写真>
FIRE MENTHOL FRONTVIEW
FIREが新しい試みに挑戦!「メンソールの香りですっきりとした後味に仕上げました。後に残る香りが気になる方にファイアから新提案」!!スッとした後味を予想させる淡いグリーン。未知の味に期待度大。心うきうき。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
メンソーレ指数 ★★★★★

経験したことの無い味。ミントのようなほろ苦い、喉にスッと来る爽快感。確かにメンソールだ。飲んだ後に口の中がすっきり、歯磨きの後のようなクール感。これはこれであり。ただ、何回も飲むような代物ではないかもしれない。新しいチャレンジに拍手喝さい。
タバコは吸わないのでタバコのメンソールがどんな感じか分からないが、きっとこんな感じなのだろうと推測。きしくもMILD SEVEN MENTHOLとカラーリングが似ている。

<イメージ>
FIRE MENTHOL IMAGE
<正面写真>
FIRE AFRICAN FRONTVIEW
アフリカ産豆が61%とのこと。「タンザニア・ケニア産豆使用」とある。アフリカの豹を思わせるこの外観。大阪のおばちゃんが喜びそうだ!!

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
豹柄指数 ★★★★★

「甘さ控えめ」とあるが、最近の微糖傾向に慣れた舌からは若干甘みが強い印象。そこに適度なミルク感が調和。ベーシックな味付けながらも良質な豆が感じられるチューン。一昔前の流行に戻った感がある。この方向性は大歓迎だ。
研修の帰り道、ヨドバシカメラ梅田に立ち寄る。この都会のジャングルで、僕は豹のように獲物を見据えた。獲物は、次の誕生日に買ってもらうプレゼントだ。

<イメージ>
FIRE AFRICAN IMAGE
<正面写真>
FIRE GOLD RUSH FRONTVIEW
GOLDに輝くFIRE缶。SUPER GT応援の100RACESTHANKS缶だ。一度こいつがミニカー付で販売されているのを見たことがあるが、今回は近所のスーパーで見つけたバラ売り版の紹介だ!

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
ノスタルジック度 ★★★★★

ん、うまいです。最近の微糖ブームからすると、少し懐かしさを感じるベーシックな味付け。苦味、甘み、ミルク感、全てが濃い目でバランス。でもマスター的にはノスタルジックなこの濃い目のチューニングが好きだ。
ほっと一息、僕はどうしてもつながらないネットワークを前に、イラツキをコーヒーで落ち着かせた!

<イメージ>
FIRE GOLD RUSH IMAGE
<正面写真>
FIRE CAFE ZERO FRONTVIEW
クリスタルカットの缶が清涼感を感じさせる。黒とシルバーのカラーリングと「0(ZERO)」の文字がシャープネスを表現。こいつは全身で「ガツン」を表現している。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★☆☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
回顧指数 ★★★★★

苦味を抑え、ほのかな甘みを感じさせる設計ながらも、喉越しにはしっかりと苦味とコクを表現してきた。若干の人口甘味料的甘さは残るが、取り立てて嫌味を感じさせるものでもなく、全体に良く出来ている印象。ガツンとまでは行かないが目が覚めることは間違いない。
今日は後輩との飲み会。JR環状線福島駅で集合。少し早く着いた僕は、街中を少し散策した。「売れても占い商店街」でおなじみの福島駅。ここはママと始めてデートした思い出の場所だ。始めてのデートだったけど、なぜかあのときの僕には、漠然とだけど、彼女が僕の奥さんになるという予感があったんだ。懐かしさを感じながら僕はほんのり甘く、そして苦い「0(ZERO)」を飲み干した。

<イメージ>
FIRE CAFE ZERO IMAGE
<正面写真>
FIRE Special frontview

ディープ・ブルー地に黄金の炎。まさにスペシャルだ。高級感有り、こいつは、貴方の所有欲も満たす。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★★
デザイン ★★★★★
スッペシャル指数 ★★★★★

ん、さすが、スペシャルの名前に恥じないベストバランス。コク良し。一口一口の喉越しに重みを感じる。高級豆51%の実力、ここに見たり!
保険市場にて、生命保険の見直しを実行中。1,5万円/月が3万円/月になった(T_T) これからは、アフラック始め、4社が僕を見守ってくれるのだ!

<イメージ>
FIRE Special image
<正面写真>
FIRE 昭和喫茶 FRONTVIEW

久々に見る樽形状の缶。缶コーヒーマスターとしては、こういうチョイスも好きだ。ドリームがあるから。「昭和喫茶」というネーミングとも相俟ってノスタルジックな雰囲気を醸し出す。「昭和の喫茶店をお手本に」とある。昭和の喫茶店と聞いて思い浮かべるのは、小さな看板のある街角の純喫茶。蔦で覆われた店構え。このネーミングを聞くと、なんか、そんな純喫茶をさがしたい気になるなぁ。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
レトロ指数 ★★★★★

甘み、苦味のバランスよし、コクよし、ミルク感は若干強め。甘みが舌に少々残るが、そんなところが昭和のイメージをうまく表現。中身と外観が、うまくコンセプトにマッチしている。よくできた缶コーヒーに出会えました。
と、外を眺めると雪が積もっているではありませんか。初冠雪を観測しました。

<イメージ>
FIRE 昭和喫茶 IMAGE
<正面写真>
KIRIN FIRE 挽きたて 炭焼き frontview

fireの炭焼き! 新規参入の定番、「炭焼き」に大御所、KIRINが殴りこみ! 格の違いを見せ付けるか? デザインは新しいがあまりインパクトを感じない。も少し飛びぬけても良かったか?

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
コーヒーの定番指数 ★★★★★

焦し砂糖が隠し味らしい。炭焼きのコクが良く出ている。しかしそこらの安易な大味炭焼きコーヒーとは一線を画する。大量の豆を使いました的な濃厚さが魅力。最初苦味強く感じるも徐々に甘みとのバランスに納得する二段階の味付け。予想だが、コカコーラのVINTAGEを研究し、これを炭焼きに応用したんではないか? 方向性に近いものを感じるのだ。トレンドか?
僕は、愛と死と、憎悪が渦巻くメカニカルタウンで、コンクリートジャングルを眺めながら一息ついた。冷たい雨が降り始めた。僕はトレンチコートの襟を立てて歩き始めた。

<イメージ>
KIRIN FIRE 挽きたて 炭焼き image

<正面写真>
FIRE 挽きたてカフェオレ FRONTVIEW

FIREの通常版のカフェオレもなかなかの味だった。缶形状はマニア心をくすぐるものだった。この挽きたてシリーズは缶デザインはそれほど特徴的ではないがミルク感を想像させる。カフェオレが微糖というのも珍しいのではないか。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
人口甘味料指数 ★★★★★

一瞬苦味を口に感じるが、人口甘味料の甘みにかき消される。飲み進むにつけ人口甘味料的甘みには慣れ、苦味と、よく出たコーヒーのコクのバランスが良いことに納得する。しかし、最初にインパクト強く感じた人口甘味料の甘みが喉から消えなかった。時間をかけて飲む飲み方をお勧めしたい。
寒くなってきました。近所の幼稚園で運動会に遭遇!食欲の秋、スポーツの秋、そして缶コーヒーの秋。

<イメージ>
FIRE 挽きたてカフェオレ IMAGE

<正面写真>
KIRIN FIRE 挽きたて工房 frontview

麻袋から覗くコーヒー豆。そして「18時間以内抽出」の文字が挽きたての新鮮な味を予感させる。KIRINのサイトによると、コーヒー豆を増量してミルクの量をダウンさせたそうな。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
うまいFIRE~挽きたて~♪度 ★★★★★

うまいです。ミルクの量をダウンとの事だがどうしてしっかりしたミルク感。新鮮で豊かなコク。そして甘み・苦みの絶妙なバランス。こいつはお勧めできます。
こいつのワクワク感はUSJのゲートに向かう時のワクワク感に似ている。期待は裏切らない。

<イメージ>
KIRIN FIRE 挽きたて工房image

<正面写真>
KIRIN FIRE 挽きたて微糖 FRONTVIEW

KIRIN氷結の技術を転用か、ダイアモンドのような缶の凹凸が凍てつく氷を感じさせる。氷結と違ってあけたときに形がでこぼこになるわけではなく、最初からこのままなのが残念。でも十分に面白いデザインだ。ダイアカットが高級感とシャープな味を予感させる。このカットはNASAの研究から生まれたとか。ホンマかいなという感じだが、夢を感じさせる。
KIRIN氷結のHP
考証:チューハイ缶と宇宙研の関係
挽いてから抽出まで18時間以内というすごさの本質は僕らにはイメージしか伝わってこないのが本音だが、味にどのように影響されているのか!?

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
斬新さと歴史の競演度 ★★★★★

微糖とは思えないしっかりした甘み有り。人口甘味料の甘さは感じない。かといって甘すぎるわけではなく、全体としてすっきりとしたシャープなチューニング。微糖の甘みのなさに物足りない思いを感じている貴方にうってつけ。
このダイアカットに僕は城郭の石垣をイメージした。斬新なデザインが同時に歴史ある城郭を感じさせるという温故知新。どうしても缶のデザインのみに目が行きがちだが、どうして味もしっかりしている。大阪城でも眺めながら楽しんで欲しい。

<イメージ>
KIRIN FIRE 挽きたて微糖 IMAGE

<正面写真>
FIRE 挽きたて炭焼き frontview

コーヒー豆の詰まった麻袋を彷彿させる。「24時間以内抽出」「挽きたて」の文字が鮮度に拘るシリーズであることを主張。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★★☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
挽きたて指数 ★★★★★

若干苦みが強い。炭焼のコクが良く出ている。苦味の裏に軽くミルク感が隠されている。深い味だ。
休日のJR環状線。のんびりした時間の流れる京橋駅ホームで、僕は苦味の強い缶コーヒーに出会えたことに感動し、にやりとした。

<イメージ>
FIRE 挽きたて炭焼き IMAGE

<正面写真>
KIRIN FIRE Cafe au Lait front view

限りなく白に近い肌色地に金色の「FIRE」。「Cafe au Lait」の文字がメタリックブルーに輝く。白色の炎の型押しといい、これはお金がかかっている!肌色地には唐草模様?のような、オリエンタルでそして伝統を感じさせる花柄が。全体観察にてクリーミーな印象。Cafe au Laitがうまく表現されている。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
乳化指数 ★★★★★

強めの甘味と適度なミルク感の見事な調和。糖分を補給して午後のデスクワークに臨む、そんなスーツな僕らのお昼休みにぴったり。
僕は大阪を縫う川沿いのベンチで鋭気を養った!

<イメージ>
KIRIN FIRE Cafe au Lait image.jpg
<正面写真>
FIRE ミルク珈琲 関西限定 frontview

茶&白地に白く輝く炎。遊びのないベーシックな外観。赤地に白抜き「関西限定」の文字がプレミアム感を駆り立てる。関西ではミルク珈琲の人気が高いというが、そうなのか?

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★★☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
限定の優越感を感じる度 ★★★★★

ベーシックな外観からの予想を裏切る、若干後をひく苦味。濃厚なミルク感に大人の一捻りが加えられる。関西限定の優越感。戦略と分かっていても意図して乗せられる愉快感を楽しみたい。
日曜日、14時。休日の残りはミルク珈琲片手に何を楽しもう。恋のバイブルを紐解こうか、それとも24世紀の宇宙を探索しようか。

<イメージ>
FIRE ミルク珈琲 関西限定 image

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 缶珈琲専門店 all rights reserved.
ご訪問頂いたお客様
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング
メーカー別
過去のメニュー
新入荷缶コーヒー
ブロとも申請フォーム
お探しのコーヒーは?