FC2ブログ
いらっしゃいませ。ようこそ缶珈琲専門店へ。 当店のお勧め缶珈琲をご賞味ください。
<正面写真>
SANGARIA ぷるっとコーヒーゼリー FRONTVIEW
缶コーヒとは少し違うかもしれないが、これも缶コーヒーの仲間である。「10回以上強く振って」とある。この飲む前の作業が僕らの子供心をくすぐる。缶でコーヒーゼリーを飲むと言うアイデアが斬新だ。缶コーヒー文化の奥深さが感じられよう。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
斬新指数 ★★★★★

ゼリーと言う感じではないかな。しかしドロっとしたこの飲み心地は確かにゼリー的ではある。甘み強めではあるが意外にコクも良好。振りすぎたせいか、アワアワで若干スカスカに感じた点は否めない。しかしこの缶コーヒーはチャレンジものである。これからこういったマイナス面を消し、発展させて行って欲しいところだ。
ハロウィンが近づいてきた。1年は早いなぁ。1年前

<イメージ>
SANGARIA ぷるっとコーヒーゼリー IMAGE
スポンサーサイト



<正面写真>
SANGARIA BLEND CAFE Au Lait frontview

お馴染みのアルミ缶。印刷がにじんでいるのもサンガリアのお馴染みか!?ミニ缶のCAFE AU LAITとの味の違いに注目だ。
しかしミニ缶の記事を書いたときはサンガリアは種類が少ないと思っていたが、結構多いぞ!BOSSと違って統一感が取れていないのは残念だが庶民派度は随一だ!

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★☆☆
フレン度リー ★★★★★

ミルク感良好。甘みと苦味のバランスも良好。それでいて軽く飲めるとっつき易さもあり、フレンドリーな味付けだ。コーヒーのコクもよく表現さている。十分お勧めできます。ただ、パッケージが・・・。
我が家の車買い替え計画に先立ち、我が娘の車が先に新しくなりました!

<イメージ>
SANGARIA BLEND CAFE Au Lait image

<正面写真>
SANGARIA Regular Latte frontview

サンガリア レギュラーコーヒーの定番デザイン。一通りの品揃えを安価に提供する庶民の味方・サンガリア。このコーヒーには業務スーパーが良く似合う。業務スーパーで38円で購入!

SANGARIA Regular Latte image


総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
庶民の味方度 ★★★★★

強めの苦味と控えめの甘みが、まろやか、かつ濃い目のミルク感で覆われる。苦味は次第に薄まり、貴方の口中を豊かなミルク感が満たす。コクも良し。若干味付けが大味気味なところがあるか。
ついに新型GT-R予約受付開始!新たな伝説が始まる。缶珈琲マスターは早速パールホワイトの最上級グレードを予約してきました!と言えたらいいなぁ・・・。

<イメージ>
SANGARIA Regular Latte image2

<正面写真>
SANGARIA まろやかカフェ・ラテ FRONTVIEW

ベージュのカラーがミルクを、そして柔らかな人肌を感じさせる。濃厚なミルク感が期待できそうだ。缶裏面が凹んでいたのが残念。自販機から出てきた缶が凹んでたときの脱力感ときたら・・・。自販機管理者にはご注意いただきたいものだ。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
凹んでいました度 ★★★★★

甘みが前面に出る。苦味は限りなくゼロ。若干濃い目のミルク感。確かにまろやかな味付けだ。しかし、管理状態が良くなかったのか、ミルクの膜が浮いていた。あるいは濃いミルク感ゆえにやむをえないことなのだろうか。総合評価としては3つ★に近い印象。こいつは別の自販機で再度チャレンジしたい。
まろやかな缶珈琲でまたーりと満月を眺める。これにススキがあればホント、もう秋ですよ。

<イメージ>
SANGARIA まろやかカフェ・ラテ IMAGE2

<正面写真>
SANGARIA GOD Blue Mt. frontview

標高1500m以上の高地産生豆を厳選とのこと。サンガリアのHPには「最高のコーヒーを求め、GODの領域に達した。」との一文が。神の名を語るこのコーヒー、サンガリアの自信の表れか、それともただの傲岸か。デザインにいまいち斬新さが感じられないのが残念。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★☆☆
ゴッ度 ★★★★★

甘みがほんの少し勝つも、コク・ミルク感とのバランスよく、好印象。五つ星に近い4つ星だ。うん、これはお勧めできます。
待望のプロテインが届きました。13kgの超ビッグサイズで27500円。激安だ。このプロテインがなくなる頃、僕の体はムキムキになっているはずだ。そう、この缶珈琲がGODの領域に達したように、僕の肉体もGODの領域に踏み込むのだ!

<イメージ>
SANGARIA GOD Blue Mt. image

<正面写真>
SANGARIA Regular Coffee FRONTVIEW

同社のSANGARIA Regular Coffee 微糖にそっくりなデザイン。シリーズ物ゆえにやむを得ないか。それにしても文字が多い。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
上品指数 ★★★★★

コーヒーのコクが上手く表現されている。甘みの奥にコーヒーの香ばしさを感じる良品。甘みが上品。原料を見ると「ココナッツオイル」と書いてある。見かけない原料だが、この上品な甘みとコクはこれに関係するのだろうか。
上品な甘さには上品な花が似合う。さまざまな色に咲く花の上品で可愛らしいこと・・・あっ、コラッ!・・カシャッ。

<イメージ>
SANGARIA Regular Coffee image

<正面写真>
SANGARIA BLEND 炭焼珈琲 FRONT VIEW

SANGARIAはやはりLONG缶もアルミ製なのであった!アルミの質感を生かした金ぴかカラーが僕をゴージャスな気分にさせる。「炭焼」ではなく「炭火」としたところにSANGARIAのこだわりを感じる。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
ゴージャス度 ★★★★★

炭火コーヒーのコク・苦味がうまく表現されている。甘みも強めだがそれを覆う炭火のコク。焦げた砂糖が持つ深い苦甘感。うーん。ゴージャス。
僕はご近所随一の高級住宅街にやってきた。そして、炭火コーヒーを楽しみながら、しばしのゴージャス気分を堪能した!

<イメージ>
SANGARIA BLEND 炭焼珈琲 IMAGE

<正面写真>
SANGARIA Regular Coffee 微糖 front view

缶珈琲には珍しい緑色のチョイス。文字が多すぎるのが残念。僕ら缶珈琲マニアは、文字情報ではなく、デザインからの妄想を楽しむ人たちだから・・・。
驚天動地の38円で購入。我らサラリーマン応援価格!

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★☆☆☆
デザイン ★★★☆☆
サラリ数 ★★★★★

苦味・甘み・後味、いずれも極力抑えられたサラリとした味覚。濃い食事の後にぴったり。食事を引き立てる名脇役といったところか。しかし、Regular Coffeeというには何かもう一つパンチが欲しいところだ。
「良」が「優」になるにはもう一枚剥ける必要がある。ぼくのSDオーディオプレーヤーと同じく・・・(液晶の表示がおかしくなったのだ。この辺の詰めの甘さが惜しい)。

<イメージ>
SANGARIA Regular Coffee 微糖 image
<正面写真>
SANGARIA CAFE AU LAIT FRONT VIEW

クリーム地にこげ茶色のライン。ライン上には白抜きでCAFE AU LAITの文字。ミルクを感じさせるデザインだ。細かい文字が滲んでいるのはご愛嬌。この缶珈琲は珍しくアルミ缶製である。ホット時の膨張に耐えうるよう缶珈琲は一般的にスチール缶製が多いというが、SANGARIAはこの課題をいかに解決したのか、否、許容したのか。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
サクラサク度 ★★★★★

種類は少ないが、一缶一缶に手抜きがないのがSANGARIA。苦味甘みのバランスがGOOD。それでいて身構えずに飲めるフレンドリーさもあり。
吉野に咲き誇る桜たちは集まってマクロな美を描く。しかし、その一本一本が異なる表情を持っているのだ。あまた存在する缶コーヒーが、個々に個性を放つ姿に通じるとは思わないか。Don't you?

<イメージ>
SANGARIA CAFE AU LAIT IMAGE

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 缶珈琲専門店 all rights reserved.
ご訪問頂いたお客様
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング
メーカー別
過去のメニュー
新入荷缶コーヒー
ブロとも申請フォーム
お探しのコーヒーは?