FC2ブログ
いらっしゃいませ。ようこそ缶珈琲専門店へ。 当店のお勧め缶珈琲をご賞味ください。
<正面写真>
Roots Pan frontview
Roots Pan。「パンのためのこんがりコーヒー」。直球なネーミングが素敵。缶コーヒー単体で勝負するのではなく、パン食と合わせて新生活を提案する手法は斬新である。リニュアルの繰り返しで、モデルチェンジでも新鮮味を与えにくくなっていた缶コーヒー界に新たな手法で臨んだ提案力に拍手。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
SHIFT_指数 ★★★★★

こんがりコクの良いコーヒーにまろやかなミルクが絡み合う。これは美味いですよ。甘みは抑え目。飲み進むとコーヒーのコク、適度な苦味が喉に広がる。確かに、これはパンに合うかも。イラストではサンドイッチが描かれているが、甘い系のパンにも合うと思う。でもこいつは単体でも十分OKだ。
パンとのセット提案という斬新なマーケティングは、閉塞気味の缶コーヒー界に新たな改革の風を呼び込むか!?
SHIFT_Canned coffee business

<イメージ>
Roots Pan image
スポンサーサイト



<正面写真>
Roots DEMITASSE ESSENZA FRONTVIEW
少し小さめ170g缶。GOLDに輝くクビレBODY。しかし全体として暗めのデザイン。この暗さが高級感を盛り上げている。ESSENZAは英語でESSENCE、つまり「本質」、「核心」。濃くて苦めのデミタスの本質とは如何に。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
本質指数 ★★★★★

濃くて苦いコーヒーに適度な甘みとミルク感。バランスよし。喉越しにコクも強く感じる仕様。うまいです。こういった濃い系コーヒーは好きだ。量が少なめなのも気にならない。まさに本質を突いたチューンだ。
今夜はぺヤングにリベンジだ。リベンジの機会を得たことに感謝したい。

<イメージ1>
Roots DEMITASSE ESSENZA IMAGE1

かっかっかっ。リベンジ成功。ゲプッ。

<イメージ2>
Roots DEMITASSE ESSENZA IMAGE2
<正面写真>
JT 金本選手の缶コーヒー frontview
JTが「Roots」でないブランドで缶コーヒーをリリース。阪神タイガース公認。製作過程に金本選手がどのように携わったのか、いや、携わってないのかはまったく不明。毎日jpの記事によると、「今年は我らのアニキ金本選手が2,000安打を達成したという記念の年です。ローソンは達成記念として金本選手の写真が印刷された缶コーヒーを200万本限定で販売します。」とのこと。まったくすごい選手だ。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
男金本指数 ★★★★★

ミルク感の効いた味付け。喉にコーヒーの適度なコクが残り好印象。甘みも嫌味なく適度。Rootsのパッケージを変えただけと思いきや、この味はRootsのシリーズではないように思う。つまり、この缶コーヒー専用に開発されたのではないか?130円。10円高いだけの価値はあるか。
昼間はまだ暑い今日この頃、阪神巨人の首位争いで気を吐く金本選手に元気を分けてもらいたいものだ。と、僕は暑さを乗り切るためにアイスクリームを頬張った。

<イメージ>
JT 金本選手の缶コーヒー image
<正面写真>
Roots innocent brew front view

新しい 「3-4」 スタイルに変更するのかと思いきや、ウエストウェーブ缶で新製品が登場した。どうやら両トップで行くようだ。純水抽出を謳う REAL BLEND。陽が差す淡い青から、深海を思わせるダークブルーに変化するカラーリングが、奥の深い味付けを予想させる。期待度大!

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
Roots快走継続中 ★★★★★

甘・苦のバランス絶妙。ミルク感も適度で、コク良し。濃厚さの中に、きれいな水を感じさせる出来。デザインとも相俟って、奥の深い、じっくり楽しめる味に仕上がっている。Rootsの勢いが止まりません。缶コーヒー愛好仲間の間でも、最近のRootsはハズレがないと好評価。
歩きながらの缶コーヒー。なんだか懐かしさを感じさせる道に遭遇した。この道を行けば、いつか友達と缶蹴りをしたあの公園にたどり着く。そこではマサシとタカシがボクを待ってるに違いない。ボクはノスタルジックに浸りながら、ふるさとに想いを馳せた!

<イメージ>
Roots innocent brew image
<正面写真>
ROOTS FINE BEAT FRONTVIEW

どうやらROOTSは、「クビレスタイル」 から、この、新しい 「3-4」 スタイルに意匠変更したようだ。「クビレスタイル」 のグラマラス感も良かったが、この新しく、シャープなデザインもまたいい。3本のラインで4つのエリアに分けてある。上から順に、①「Roots」 のファミリーネーム、②「FINE BEAT」 とかのいわゆるペットネーム、③商品の特徴説明、④「コーヒー」の記載(法上の要請?)となっている。イメージも良いし、なおかつ内容の理解もしやすい。ブランドマネジメントに長けた人物の設計と見た!

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★☆☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
微糖、ここに極まれり度 ★★★★★

流行の微糖だが、原材料を見ても人口甘味料の記載無し。そのせいか、嫌味の無い、気持ちのいい甘さが、ほんの僅かに、ほんのりと感じられるのみである。無糖コーヒーに、ほんのちょっとだけ砂糖入れました、という感じ。缶コーヒーマスターとしては、この方向が微糖の正しい道のように感じるのだが。コーヒーのコクも良く出てるし、キレの中に重厚感がある。微糖では過去最高の味と言うことで、5つ星評価とする。さすがRoots、ノッてるメーカーは違うぜ。
「ぱん焼き君」、遂に稼動! なんとかわいらしいこの形・・・。

<イメージ>
ROOTS FINE BEAT IMAGE
<正面写真>
Roots BRAZILIAN Cafe au Lait frontview

最近ノリにのってるRoots。ベーシックなカフェオレにどう挑むか。缶形状にこだわるのはRootsのお家芸。クリームカラーの格子がカフェオレをうまく表現している。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
カフェオレ。オレオレ指数 ★★★★★

やはりRootsの勢いは本物だ。のってるメーカーはベーシックなカフェオレもまた、こんなに上手く仕上げてしまう。ミルク感濃厚で、かつコクも上々。甘すぎず苦すぎず、バランス感がよい。久々に出ました。マイウー印。JTは今、食の安全で揺れている。何とか信頼を回復し、この勢いを持続して欲しいものだ。
妻が娘の雛祭りの準備をしてくれた。間もなく2歳になる我が娘、2回目のひな祭りだ。去年は雛人形を眺めならGEORGIAの「Cafe de maple Vanilla」を楽しんだ。あれも美味しかったなぁ。

<イメージ>
Roots BRAZILIAN Cafe au Lait image
<正面写真>
Roots PRODUCT REAL BLEND FRONT VIEW

最近ノリにのってるRootsの新作!!銀色に赤い文字が光る!!サイドに「FACT 5/6」の文字とともに「ウエストウェーブ缶」の文字が。遂に判明しました。このクビレスタイルは「ウエストウェーブ缶」というらしい!!しかし残る5つのFACTは一体・・・。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
Rootsはモー止まらん度 ★★★★★

んまい。んまいです。やっぱRootsの勢いは本物です。最初、苦味抑え目に感じるも徐々にコーヒーのコクと苦味が効いてくる味付け。適度の甘みと苦味・コクのバランスが絶妙。銀色の缶がまたマニア心をくすぐる。
この銀色と勢い、遂に発表された新型GT-Rと共通点が多いとは思いませんか!? こんな車にのって阪高湾岸線を流し、六アイからポーアイへ抜け、そして神戸の夜景を海から眺めてRootsをコキュ。ん~。今は夢見るだけ。

<イメージ>
Roots PRODUCT REAL BLEND IMAGE

<正面写真>
Roots Deep Harmony DEMITASSE frontview

万博公園にてRootsの新缶コーヒーを発見。くびれボディーに黄色と濃緑のハーモニー。ベトナムの森林をイメージするのは私だけか?「コク深く香り高いコーヒーにクリームのやわらかさが調和した豊潤な味わいのデミタスです。」とある。濃厚さが期待できそうだ。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
Rootsの勢いが止まらない度 ★★★★★

でました。まいう~印。コーヒー感・ミルク感ともに濃厚。GEORGIAの「FRAIJANES」とか「SEASON'S BEST 第3弾 ロイヤルキリマンジャロ」に通じるフルーティーなコクあり。これに適度な苦味・甘みがハーモニーを醸し出す。どうしたんだ。最近のRootsはヒット作が多い。最終決定を出すチューナーに優秀な人材が採用されたものと見える。
3連休の中日に僕は万博公園にやってきた。コスモスがキレイでしたよー。

<イメージ>
Roots Deep Harmony DEMITASSE image

<正面写真>
Roots COLOMBIA ADULTO FRONTVIEW

ダークな赤地に黒の横ラインがアダルト。3本の金ラインは溝状に彫られている。いつものくびれ形状ではないが、カラーリングと溝形状がオ・ト・ナ。缶形状の作りこみはRootsのお家芸だ。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
アダルト度 ★★★★★

苦味と甘み、そして適度な濃厚感の調和が絶妙ナリヨ(コロ助風に)。
これはうまい。お勧め。適度に喉に残る苦味がアダルトだ。
今日はベビザラスに来ました。パパになって1年5ヶ月。僕もこの缶珈琲が似合う立派な大人に・・・、あっ、コラッ!、ゆーちゃんにはまだ早い!!

<イメージ>
Roots COLOMBIA ADULTO IMAGE

<正面写真>
Roots BITSTYLE FRONTVIEW

スピーカーの振動板の前にこんな感じの穴あきの板が貼られているか。穴を通して裏にある模様が微かに見える。よく見るとRootsの文字が。どこが表か分からないデザイン。165g缶と小さ目ながらいつものくびれスタイルは堅持されている。「BIT STYLE」の「BIT」は「少し、ちょっと、少量」の意味で用いられているのか、それとも「ビット、2進数」の意味か?それとも、「微糖」「ビトー」「ビット」バンザーイ!ということか?

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
ビッ度 ★★★★★

微糖とは思えない自然な甘み。そして適度なミルク感とコク。これでカロリーカットなんてたいしたもんだ!微糖を感じさせずに楽しめる密度感が◎。
暑いですな。今日は須磨水族園にやってきました。涼しく泳ぐお魚さんを眺めて、しばし涼を取ろうか。

<イメージ>
Roots BITSTYLE IMAGE

<正面写真>
Roots CREAMY CAFE ICE FRONTVIEW

氷浮くアイスコーヒーの写真が、夏モデルであることを主張。膜のようにアイスコーヒー表面を覆うミルクの層が、ミルキィさを予感させる。「Creamy Cafe」の夏向けということか。「Creamy Cafe」が5つ星だっただけに期待大。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
またりー度 ★★★★★

ミルク感超濃厚。適度な甘みとのバランスよし。「Creamy Cafe」より苦味を抑えた感じ。
台風4号の猛威の中、目的地に到着。体が飛ばされそーだー!!夏なのに体冷えるこんな日は、クリーミーカフェで一休み(^^)

<イメージ1>
Roots CREAMY CAFE ICE IMAGE 1


<イメージ2>
Roots CREAMY CAFE ICE IMAGE 2

<正面写真>
ROOTS SIMBA WIND FRONT VIEW

「simba」はスワヒリ語で「ライオン」を意味する。金地に昇る蒼き獅子の絵がアラビアンな気分を駆り立てる。ROOTSお馴染みのくびれスタイルさえ魔法のランプを想像させてしまうデザインの妙。これぞ缶コーヒートリップ。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★☆☆☆☆
濃 厚 度 ★★☆☆☆
デザイン ★★★★★
コクを活かしました度 ★★★★★

苦味が前面に出るも、苦味が強いわけではなく、甘みを弱めてコーヒーのコクを楽しませるというある意味正統的なアプローチ。ミルク感良好。ミルクがコーヒーのコクをまろやかに仕立てる。

アラブ上空で飛行機がきりもみ回転したのはいつのことか。僕は生を求めて何十時間、いや、何日この砂漠を歩き続けているのだろう。遠のく視界の中、僕は蒼い獅子が空に向かって昇るのを、確かに見た。そこに獅子はいた。
(つづく?)

<イメージ>
ROOTS SIMBA WIND IMAGE

<正面写真>
Roots Creamy Cafe frontview

Rootsお馴染みの「くびれ」スタイル。しかし若干太った「くびれ」。「くびれ」デザインが種類によりアレンジされるのはJTの遊び心であろう。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
またーり度 ★★★★★

でました。まいうー印。とろーり感がサイコー。このとろーりが僕の休日をまったりさせてくれる。アイスクリームとの組合せでとろーり感が二乗に。「どんな場面でも本当においしいコーヒー」を目指すJTの姿勢に迷いは微塵も感じられない。

<イメージ>
Roots Creamy Cafe image

<正面写真>
Roots Demitasse Velvet Touch front view

パープルとダークマゼンダに包まれた「くびれスタイル」が、いつにも増して色香を放つ。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★★☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
24時、ベイエリア、KOBE度 ★★★★★

"velvet touch"、即ちビロードのように柔らかな、そして妖艶な舌触り。優しくない苦味がコーヒーの裏の顔を覗かせる。裏の有るこいつには夜の街こそがお似合いだ。

<イメージ>
Roots Demitasse Velvet Touch image

<正面写真>
JT Roots Mt. High 70 微糖 正面図

Rootsお馴染みのくびれスタイルは登場から長く経った今もなお新しい。青く冴え渡る空、そして昇る太陽のイラストがこのコーヒーの爽やかな味を想像させる。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★☆☆☆☆
濃 厚 度 ★★☆☆☆
デザイン ★★★★★
新しい朝が始まる度 ★★★★★

すっきりした味。新しい朝に最適。さぁ今日も一日頑張るぞ!そんな気分にさせてくれる。
微糖かつ「中鎖脂肪酸」(体内に蓄積されにくそうな)の利用という、徹底した低カロリーへの取り組みは、群雄割拠の缶コーヒー界にダイエットという一石を投じた。嗜好性の追及と健康、一見矛盾する両課題を見事に両立させたJTに拍手を送りたい。
僕は感嘆しつつ、低カロリーコーヒーと高カロリーチョコという、矛盾に満ちたメニューに心躍らせた!!

<イメージ>
JT Roots Mt. High 70 微糖 image

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 缶珈琲専門店 all rights reserved.
ご訪問頂いたお客様
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング
メーカー別
過去のメニュー
新入荷缶コーヒー
ブロとも申請フォーム
お探しのコーヒーは?