FC2ブログ
いらっしゃいませ。ようこそ缶珈琲専門店へ。 当店のお勧め缶珈琲をご賞味ください。
<正面写真>
POKKA aromax LATTE ITALIANO front
aromax LATTE ITALIANOがマイチェン。マイチェン前はコチラ。地道にマイチェンを続けるPOKKAの姿勢に拍手。新鮮味を出すためにすぐに新製品を出すメーカーも多く、そういうのも、面白いと言えば面白いが、ブランドを育てる、そんなメーカーがあってもいい。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
hanahana度 ★★★★★

濃厚でミルク感豊かなチューニングは健在。マイチェンで若干コーヒーのコクが強まったように思う。甘み苦味のバランス良好。5つ星。しかし、周辺の追い上げ激しく、相対的に頭一つ出た感は弱まってきている。
蹴っても蹴ってもウンともスンとも言わないV100を眺めながらのこの一本。初年度登録がH11年12月なので9年1ヶ月ですか。エアクリの掃除・交換→したことなし、乗るときは全開か全閉のみ、という状態で、ノーメンテで、よくここまで走ってくれたと言うほか無い。いまでも暖かいときにはキックでエンジンはかかるし、スピードは80kmは出る。しかし朝エンジンがかからないのはどうしようもない。ということでついにマスターは乗換えを決意した!次は名車だったV100の後を継ぐアドレスV125Gに決定!中古(1900km走行済み)で17万8千円(車体価格)!!1週間後の納車が楽しみ。次は20年10万km乗ることを目標に、回し過ぎない、定期整備する、を心がけるのだ。

<イメージ>
POKKA aromax LATTE ITALIANO image
スポンサーサイト



<正面写真>
POKKA aromax ESPRESSO frontview
開けた瞬間のコーヒーの香りが好評な幅広の飲み口を備えた缶コーヒー、アロマックス。マイチェンが施された。前のデザインはコチラ。その前はコチラ。毎年変更が加えられ、だんだん赤の占める割合が減ってきているのが分かる。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
正常進化指数 ★★★★★

甘み・苦味とも押さえ目ながらバランスは良好。これまた抑え目のミルク感と適度なコクのバランスも良好。重さ的には若干軽い方向にマイチェンされているか?それとも最近濃厚系の缶コーヒーが増えてきたせいでそのように感じるだけか?
長いエスカレーター発見。上に着くまでに飲み終えてしまいそうだ。

<イメージ>
POKKA aromax ESPRESSO image
<正面写真>
POKKA 吟醸仕立て frontview

和紙のようなざらざらした缶表面加工。そこに漢字、縦書きにて 「吟醸仕立て」 の文字。和風テイストの漂うデザインだ。一瞬だが、醤油か何かの新ジャンルドリンクかと思った。この方向性は今まで無かった。POKKAならではのチャレンジ精神満載!

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
大和大国指数 ★★★★★

一飲してクリア、かつ、キレのある味わい。雑味が無く、後味良好。かといって甘み苦味ともしっかりと表現されており、自己主張もあり。「厳選されたコーヒー豆を丁寧に磨きあげ」 と唄うだけある。なんでも、コーヒー豆の表面には、雑味の原因となる薄皮等の不純物が付着しているそうで、これを磨くことでクリアな味が実現できるらしい。
…106円台で40万円も買ったのだが、今見ると103.88円 (T_T)

<イメージ>
POKKA 吟醸仕立て image
<正面写真>
POKKA aromax ESPRESSO front view

aromax ESPRESSO がモデルチェンジ! 旧タイプはこちら。エスプレッソの写真が入りました。でも真っ赤な情熱カラーは不変だ。蓋は黒くなりました。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
正常進化指数 ★★★★★

苦味甘みのバランスよし。モデルチェンジにより若干苦味が抑えられたか。しかし、喉にかすかに残る苦味がエスプレッソであることを主張する。
深夜テレビで懐かしの音楽満載のCDを販売している。ぼくはエスプレッソ片手にボケッと懐かしのメロディーを聴き続けた。ん、ん~。もう寝ないと。

<イメージ>
POKKA aromax ESPRESSO image

<正面写真>
POKKA くつろぎ焙煎 frontview

「くつろぎ焙煎」。よいネーミングだ。くつろがせてもらおうではないか。木目地に浮かぶ大極図が、陽陰入り乱れるこの世界を表す。そしてこの大極図はコーヒー豆から浮かぶ湯気にも見える。荒れたこの世界をコーヒーの湯気で覆うこのデザイン。こいつには、ポッカのメッセージが込められている。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
隠しメッセージ度 ★★★★★

第一印象としてはミルクコーヒー。ただし甘すぎず、適度な濃厚さ加減。飲み進むとコーヒーのコクが顔を出してくる。ただのミルクコーヒーではない。難解な仕事で火照った貴方の頭を適度に覚ましてくれる、ポッカからの贈り物だ。仕事の合間、3時ごろにお勧め。
そんな時、黄色のワーゲンを発見。幸せになりますように幸せになりますように幸せになりますように・・・。

<イメージ>
POKKA くつろぎ焙煎 image

<正面写真>
POKKA aromax Rich ROAST FRONTVIEW

濃緑にセピア色のコーヒーカップの写真。ポッカはこの形で独自の世界を開拓したね。缶コーヒーを開けるときのカキュッ(プルタブの音)という音が、ポッカ缶ではコキコキコキ(ふたを回す音)という音になる。これも缶コーヒーの楽しみの一つ(^^)

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★☆☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
コキコキコキ度 ★★★★★

抑えた甘みとミルク感のおかげでコーヒーのコク、苦味が引き立つ。大人の味だ。ん~アダルト~。でもマスターとしては昨今の微糖ブームに若干もの足りなさを感じているのだ!
いつもの公園のお花たち。市の人がまた新しい花を植えてくれた。秋を感じさせる黄色の花が・・・、あっ、こらっ、・・・カシャッ。

<イメージ>
POKKA aromax Rich ROAST IMAGE

<正面写真>
POKKA aromax LATTE ITALIANO frontview

香料不使用なのに香り漂う、おなじみPOKKAの口広缶コーヒー。クリーミーカラーがまろやかな味を想像させる。個性豊かなBODYが増えてきたことこそ、我が国の缶コーヒー文化の成熟度を物語るものであろう。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
hanahana度 ★★★★★

甘み苦味のバランスが絶妙。ミルク感濃厚。この味はマスター好みだ。コーヒー牛乳的味付けであるが、なんともいえぬコク。うまい。略してまいうーだ。ちなみにLATTEはイタリア語で「牛乳」を意味するらしい。つまりcafe lattteはイタリア語で「コーヒー牛乳」ということらしい。
aromaxにはいつも花が似合う。心落ち着く商品作りは拍手ものだ。

<イメージ>
POKKA aromax LATTE ITALIANO IMAGE

<正面写真>
POKKA aromax ESPRESSO FRONTVIW

口の大きなデザインは珈琲の香りを楽しむため。aroma(香り)とmaxを組合わせたネーミングからPOKKAの缶珈琲新戦略が見える。赤のBODYがPOKKAの情熱を伝える。
http://www.pokka.co.jp/coffee/aromax/index.html

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★★☆
甘  味 ★☆☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
小さな春見つけた度 ★★★★★

ESPRESSOながら苦味は若干抑えられている。甘み・濃厚感とのバランスが絶妙。いい仕事、してますね。
寒の戻りにつぼみも身をすくめる。こんな朝はホットaromaxの香りを楽しんで欲しい。

<イメージ>
POKKA aromax ESPRESSO IMAGE

<正面写真>
POKKA FINE BLEND コク仕立て FRONTVIEW


メタリック・ブルーをバックに燃え盛る黄金の炎。しかし全体観察にて遊びの少ないデザインがPOKKAのBASICの要であることを主張する。ところでこの炎、何処かで出会ったかのような。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★☆☆☆
デザイン ★★★☆☆
このデザイン、どこかで見た度 ★★★★★

「コク仕立て」のラベル通りの喉越し。苦味&甘味を適度にバランスさせつつも構えず楽しめるBASIC。POKKAの原点、ここに見たり。
ところでこのデザイン、奇しくも某社品と雰囲気が近似した。偶然的近似であろうが、POKKAの真摯な珈琲追求に、模倣を糧としオリジナルを超える創意工夫に勤しんだ戦後日本の職人魂を垣間見た。

<イメージ>
POKKA FINE BLEND コク仕立て IMAGE

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 缶珈琲専門店 all rights reserved.
ご訪問頂いたお客様
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング
メーカー別
過去のメニュー
新入荷缶コーヒー
ブロとも申請フォーム
お探しのコーヒーは?