FC2ブログ
いらっしゃいませ。ようこそ缶珈琲専門店へ。 当店のお勧め缶珈琲をご賞味ください。
<正面写真>
FIRE 挽きたて炭焼き frontview

コーヒー豆の詰まった麻袋を彷彿させる。「24時間以内抽出」「挽きたて」の文字が鮮度に拘るシリーズであることを主張。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★★☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
挽きたて指数 ★★★★★

若干苦みが強い。炭焼のコクが良く出ている。苦味の裏に軽くミルク感が隠されている。深い味だ。
休日のJR環状線。のんびりした時間の流れる京橋駅ホームで、僕は苦味の強い缶コーヒーに出会えたことに感動し、にやりとした。

<イメージ>
FIRE 挽きたて炭焼き IMAGE

スポンサーサイト



<正面写真>
PASSO PRESSO Vanilla cafe au lait frontview

ファミリーマートオリジナル缶コーヒー。最近、新規参入組が多くなったこの缶コーヒー界、ますます面白くなってきた。木肌感をイメージさせるデザイン。レインフォレストアライアンスの認証マーク付き。地球環境への配慮がうれしい。まるで、缶コーヒー界のプリウスやぁ~

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
新規参入度 ★★★★★

甘み中心の味付け。バニラ感豊かでまるでアイスクリームのよう。口にするたび、口にあっさり清涼感が漂う。新しい味付けだ。うまい。
久々に神戸にやってきた。三宮から新神戸に向かう。地下鉄代をケチって徒歩だ。久々の神戸はやはり雰囲気がいい。しかしずいぶん変わったなぁ。新神戸オリエンタルホテルがクラウンプラザ神戸に変わっていた!ダイエー系列だったが2004年に米証券大手、モルガン・スタンレーに買収されたそうな→参考(神戸新聞ニュース2006/12/16 )。

<イメージ>
PASSO PRESSO Vanilla cafe au lait image

<正面写真>
POKKA aromax LATTE ITALIANO frontview

香料不使用なのに香り漂う、おなじみPOKKAの口広缶コーヒー。クリーミーカラーがまろやかな味を想像させる。個性豊かなBODYが増えてきたことこそ、我が国の缶コーヒー文化の成熟度を物語るものであろう。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
hanahana度 ★★★★★

甘み苦味のバランスが絶妙。ミルク感濃厚。この味はマスター好みだ。コーヒー牛乳的味付けであるが、なんともいえぬコク。うまい。略してまいうーだ。ちなみにLATTEはイタリア語で「牛乳」を意味するらしい。つまりcafe lattteはイタリア語で「コーヒー牛乳」ということらしい。
aromaxにはいつも花が似合う。心落ち着く商品作りは拍手ものだ。

<イメージ>
POKKA aromax LATTE ITALIANO IMAGE

<正面写真>
GEORGIA TASTY FRONT VIEW

缶珈琲のリーダーブランド、コカコーラが放つBASICコーヒー。珍しく遊びの少ないデザインが基本に忠実な味覚を想像させる。「TASTY」(うまい)とのネーミングを堂々と行うところに自信の程が見える。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
光る汗が似合う度 ★★★★★

飲み始めに感じた苦味は徐々に消え行き、次第に甘みが口を支配する。しかし嫌味のない甘さであり後味は良好。糖分強めのチューニングは肉体労働者の休憩タイム向けゆえであろう(?)この缶コーヒーは土木業、すなわちcivil engineering、シビゥ・エンジニィリンを生業とする貴方、youにdrink頂きたい。

欧米か!

<イメージ>
GEORGIA TASTY IMAGE

<正面写真>
株式会社ジャスティス TWO DOWN PREMIUM BLEND front viw

イエローメタリックに輝く逸品。「TWODOWN」の文字が誇らしげに輝く。関西で良く見る「TWODOWN」ブランド自販機。「TIMES」駐車場とのコラボが関西では一般的。駐車場経営者が好んで導入?大阪市に本拠を有する自販機管理会社㈱ウェックスの自社ブランドのようだ。ウェックスが株式会社ジャスティス(東京)に製造委託しているものと思われる。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
100円度 ★★★★★

甘み苦味をしっかりと出しつつ、濃いミルク感でこれを覆い隠す。100円というリーズナブルさに似合わぬ高級志向の味覚。これはうまい缶のデザインに一工夫が欲しいところだ。
時間貸し駐車場のお客さんに手頃価格の缶コーヒーを提供する。関西定番のビジネスモデルだ。ドライバーが缶コーヒーを欲するという潜在需要に応えた、痒いところに手の届くビジネスモルだ。

<イメージ>
株式会社ジャスティス TWO DOWN PREMIUM BLEND image

<正面写真>
SANGARIA BLEND 炭焼珈琲 FRONT VIEW

SANGARIAはやはりLONG缶もアルミ製なのであった!アルミの質感を生かした金ぴかカラーが僕をゴージャスな気分にさせる。「炭焼」ではなく「炭火」としたところにSANGARIAのこだわりを感じる。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
ゴージャス度 ★★★★★

炭火コーヒーのコク・苦味がうまく表現されている。甘みも強めだがそれを覆う炭火のコク。焦げた砂糖が持つ深い苦甘感。うーん。ゴージャス。
僕はご近所随一の高級住宅街にやってきた。そして、炭火コーヒーを楽しみながら、しばしのゴージャス気分を堪能した!

<イメージ>
SANGARIA BLEND 炭焼珈琲 IMAGE

<正面写真>
WONDA Morning Shot front view

シャキっと目を覚ます赤。そして白抜きのWONDAラベルから顔を出す黄金の太陽。Morning Shotというネーミングがまたいいではないか。全身で「朝専用」が表現される。シチュエーション別缶コーヒーという新たなジャンルを切り開いた功績は評価に値する。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
モーニング指数 ★★★★★

「スッと飲めて、キリッと苦味」と説明されているが、苦味は押さえ気味だ。BOSS Begin! に比して若干甘みが強いか。BOSS Begin! との間に勃発した朝専用缶珈琲戦争(通称モーニング戦争)、缶コーヒーマスターとしては若干BOSS Begin! に軍配を挙げる。BOSS Begin! は高度な戦いを制したがMorning Shot の功績に鑑みると完勝とは言えない。今後のマイチェン動向に期待。
朝。僕は窓の外に白み始めた空と木々の緑を眺め、ネクタイをキュッと結んだ。さて、今日も頑張りますか。

<イメージ>
WONDA Morning Shot IMAGE

<正面写真>
BOSS RAINBOW MOUNTAIN BLEND front view

レインボーカラーに色分けされた斬新なデザイン。グアテマラ7地域から厳選された豆にレインボーマウンテン豆の認証が与えられるらしい。粋なネーミングではないか。CMのTommy Lee Jonesがボスキャラにはまっている。宣伝への力の入れようからしてSUNTRYの本気度が伺い知れよう。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
七色度 ★★★★★

口にするたびに違う表情を見せる。時に濃厚さに納得し、時に甘みの裏の苦味に感嘆する。まさに七色。スェッブン・クァラーだ。これは楽しい。ロンリーウルフな貴方が一人で楽しむのにぴったりだ。わいわいがやがやなシーンはこの缶コーヒーには似合わない。
僕は渋滞に巻き込まれながら缶コーヒー七変化を楽しんだ。1号線で京都方面に向かうか、それとも170号線で高槻から回るか。どちらも混んでそうだなぁ。

<イメージ>
BOSS RAINBOW MOUNTAIN BLEND image

<正面写真>
KIRIN FIRE Cafe au Lait front view

限りなく白に近い肌色地に金色の「FIRE」。「Cafe au Lait」の文字がメタリックブルーに輝く。白色の炎の型押しといい、これはお金がかかっている!肌色地には唐草模様?のような、オリエンタルでそして伝統を感じさせる花柄が。全体観察にてクリーミーな印象。Cafe au Laitがうまく表現されている。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
乳化指数 ★★★★★

強めの甘味と適度なミルク感の見事な調和。糖分を補給して午後のデスクワークに臨む、そんなスーツな僕らのお昼休みにぴったり。
僕は大阪を縫う川沿いのベンチで鋭気を養った!

<イメージ>
KIRIN FIRE Cafe au Lait image.jpg
<正面写真>
美山名水 炭焼珈琲 front view

美山名水(みやまめいすい)㈱製のレア缶コーヒー。業務スーパーにて38円で購入!古き良き日本が息づく京都府南丹市美山町を本拠とする美山名水㈱渾身の一撃。レアメーカー=炭焼珈琲の業界慣行に従った一品。黒字のデザインは文字が多く、これもレアメーカーのスタンダード。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★☆☆☆
デザイン ★★★☆☆
名水指数 ★★★★★

甘みが強いが嫌味なく、濃厚度も抑えられた味のチューニング。驚きの激安価格も相俟って非常に接しやすい逸品に仕上がっている。夜景の美しい港で愛車と浸るシーンよりも、清らかな清流に足を浸して深緑を眺めるシーンにお勧め。
この缶コーヒーは主張せず、脇役に徹する。軽く流して欲しい存在だ。右からやってきた何かを左に受け流すように。

<イメージ>
美山名水 炭焼珈琲 image

<正面写真>
Yamazaki 炭焼 KILIMANJARO FRONT VIEW

山崎製パン㈱製の缶珈琲を発見!ダークグリーンカラーに毛筆で「炭焼」の文字。デザインに特段の特徴があるわけではないが、山崎製パン製と言うレアさが我ら缶コーヒーマニアの心をくすぐる。
レアメーカーはなぜか炭焼コーヒーを出すという業界習慣。いわば炭焼はニューカマーの登竜門だ。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
レア指数 ★★★★★

しっかりと研究された炭焼の味。コーヒーのコクがうまく表現されている。甘すぎず苦すぎず、さりとて重すぎず。さすがは一流食品メーカー。パン食後に合うチューニング。しかし、単体でも成立する缶コーヒーである。
GW最後の楽しみ、缶コーヒーとスナックを並べて僕はスパイダーマン鑑賞体制に入った。大いなる力には大いなる責任がある。いい言葉だ。

<イメージ>
Yamazaki 炭焼 KILIMANJARO IMAGE

<正面写真>
SANGARIA Regular Coffee 微糖 front view

缶珈琲には珍しい緑色のチョイス。文字が多すぎるのが残念。僕ら缶珈琲マニアは、文字情報ではなく、デザインからの妄想を楽しむ人たちだから・・・。
驚天動地の38円で購入。我らサラリーマン応援価格!

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★☆☆☆
デザイン ★★★☆☆
サラリ数 ★★★★★

苦味・甘み・後味、いずれも極力抑えられたサラリとした味覚。濃い食事の後にぴったり。食事を引き立てる名脇役といったところか。しかし、Regular Coffeeというには何かもう一つパンチが欲しいところだ。
「良」が「優」になるにはもう一枚剥ける必要がある。ぼくのSDオーディオプレーヤーと同じく・・・(液晶の表示がおかしくなったのだ。この辺の詰めの甘さが惜しい)。

<イメージ>
SANGARIA Regular Coffee 微糖 image
<正面写真>
WONDA BIG COFFEE front view

くすんだ黄色地にこげ茶にて「BIG COFFEE」の文字。非常にシンプルなデザイン。190g缶が一般的となった缶コーヒー界では250g缶は「BIG」と言えよう。しかし、「BIG」を名乗るなら350g缶にチャレンジして欲しかった。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
極太指数 ★★★★★

甘みの強い味付け。ミルク感良好。この味は古典的だ。高校時代に良く飲んだ缶コーヒーの味付けを思い出させる。気取らずにたっぷり楽しめる大容量が良し。
なろうなろう明日なろう。明日はBIGになろう。明日はもっと極太になろう。

<イメージ>
WONDA BIG COFFEE IMAGE

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 缶珈琲専門店 all rights reserved.
ご訪問頂いたお客様
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング
メーカー別
過去のメニュー
新入荷缶コーヒー
ブロとも申請フォーム
お探しのコーヒーは?