FC2ブログ
いらっしゃいませ。ようこそ缶珈琲専門店へ。 当店のお勧め缶珈琲をご賞味ください。
<正面写真>
GEORGIA 夏Cafe frontview

「夏Cafe」!!もぅズバリそのままのネーミング!そしてBIG WAVEと戯れるサーファーの絵。そしてビーチパラソル。明日からいよいよ8月。夏本番ですYO!手に持つだけで太陽の陽射しがまぶしく感じる。遊び心満点のデザインだ!

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
サザン度 ★★★★★

適度な甘みと濃厚なミルク感。コクのあるコーヒー感がマイルドな甘みに包まれる。泳ぎ疲れた貴方をやさしい夏cafeが包み込む。まさに夏男にぴったりだ。
夏男を目指し、僕も遅ればせながら減量を開始した。来年の夏には何とか・・・。

<イメージ>
GEORGIA 夏Cafe image

スポンサーサイト



<正面写真>
珈琲園 pm bitter front view

ミニストップで発見。ミニストップオリジナル!!トーヨービバレッジ株式会社製。オリジナル商品の共同開発を請け負っているらしい。缶コーヒー専門店オリジナルとか作ったら面白いかも。
「珈琲園」の文字が取れたて直送をイメージさせる。さらに、「pm bitter」(午後の苦味)というネーミングからして昼過ぎの眠気を吹っ飛ばす苦味が期待できる。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★★☆
酸  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
ブラック・ウイン度 ★★★★★

濃い苦味と適度な酸味。ガツンと来るも後味良好な苦味が良好。ミニストップオリジナル、また、オリジナル缶コーヒーの夢を与えてくれるトーヨービバレッジ株式会社製。ん~。この缶コーヒーには男の夢がある。
翌日・・・
ミニストップがつぶれていました!!

<イメージ>
珈琲園 pm bitter image

<正面写真>
チェリオ BLUES BLEND COFEE FRONTVIEW

赤地にGOLDで「BLUES」の文字。トランペットを奏でる黒人ブルースシンガーの絵が異国情緒を漂わせる。しかし全体的に簡素なデザイン。方向性は良いのでもう少し工夫が欲しいところだ。例えばジャズバーをイメージした背景にするとか。勝手なこと言ってマス。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
BLUES度 ★★★★★

甘み強めなるも甘みの裏に焦げたコーヒーのコクが見え隠れ。甘くない世界に生きる貴方にはこのコクが見抜けるはず。
近づく参院選投票日。苦い戦いを強いられる与党議員さんにも味わって欲しい。

<イメージ>
チェリオ BLUES BLEND COFEE IMAGE

<正面写真>
SANGARIA Regular Coffee FRONTVIEW

同社のSANGARIA Regular Coffee 微糖にそっくりなデザイン。シリーズ物ゆえにやむを得ないか。それにしても文字が多い。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
上品指数 ★★★★★

コーヒーのコクが上手く表現されている。甘みの奥にコーヒーの香ばしさを感じる良品。甘みが上品。原料を見ると「ココナッツオイル」と書いてある。見かけない原料だが、この上品な甘みとコクはこれに関係するのだろうか。
上品な甘さには上品な花が似合う。さまざまな色に咲く花の上品で可愛らしいこと・・・あっ、コラッ!・・カシャッ。

<イメージ>
SANGARIA Regular Coffee image

<正面写真>
GEORGIA EXTRA BITTER 超微糖 ERONTVIEW

「EXTRA」、即ち「極上の」BITTER。シルバーのカラーリングと2段階の絞込みがシャープな苦味を予想させる。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★☆☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
edge of knife度 ★★★★★

予想に違わぬシャープな苦味。しかし、キツ過ぎず、僅かな甘みと相俟って目の覚める爽やかさが上手く演出されている。微かに感じる甘みも砂糖以外の甘味料らしき爽やかさ。
2段階にくびれるこの形。そうだ。この形はMEGA MACに似ている。というわけで再登場したMEGA MACにチャレンジだ。せっかくの超微糖・低カロリーを台無しにするこの組合せ!

<イメージ>
GEORGIA EXTRA BITTER 超微糖 IMAGE


※ SUNTORYさまより丁寧なお返事を頂きました!しがない缶コーヒーマニアを大切にするその姿勢に感激。07上半期1位を送り出せるメーカーにはやはりそれだけの理由があるということか。
<正面写真>
WONDA NEXT STAGE FRONTVIEW

小さめの190g缶。上下に走る黄金のラインがプレミアム感を盛り上げる。コーヒー豆から立ち上る火柱がまぶしい。「有機栽培珈琲豆100%使用」。食の安全が気になる今日この頃、缶コーヒーとて原料の安全性に配慮せぬわけにいくまい。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
食の安全度 ★★★★★

甘み苦味バランスよし。飲み始めに甘み感じるも、飲み進むにつけ程よい苦味が口中に広がる。深く濃いコーヒーのコクがGOOD。
今日の朝ごはん。ビタミンよし。ミネラルよし。納豆菌よし。そして有機豆コーヒーでカフェインを補給。なんて健康的(?)なんだ。

<イメージ>
WONDA NEXT STAGE IMAGE

缶コーヒー賞 上半期 ベスト3の発表です!!
独断と偏見に基づき、なおかつ記憶のみに頼る上半期ベスト3。

<授賞式写真>
Canned Coffee Award 上半期


1位はBOSS 楽園
苦味と甘みのベストマッチング。贅沢なミルク感が良し。パッケージでトリップできる。さすがSUNTORY。

BOSS 楽園


2位にはなんと、ファミリーマートオリジナル缶コーヒーPASSO PRESSO Vanilla cafe au laitが!アイスクリームのようなバニラ感。甘み強め。気楽に飲める清涼感が良し。改めて飲むと若干薄く感じるか。コンビニからこのような革命的逸品が登場したことは上半期最大のニュースと言えよう。

PASSO PRESSO Vanilla cafe au lait


3位はPOKKA aromax ESPRESSO。絶妙な甘み・濃厚感とのバランス。口の広い独特の缶形状が楽しい。

POKKA aromax ESPRESSO


ちなみに次点はGEORGIA SEASON’S BEST 第2弾 ベトナム ブラウンパール でした。

いやはや百花繚乱の缶コーヒー界。下半期も楽しみだ!

1位の栄誉に輝いたSUNTORYさまのお客様センターには、缶コーヒー専門店から以下の感謝メールを送っておきました!

いつも素晴らしい缶コーヒーをご提供いただき、ありがとうございます。今回は我ら缶コーヒーマニアを(勝手に)代表して感謝の意を表したく存じます。このたび、貴社の缶コーヒー「BOSS 楽園」が2007年上半期BEST1に輝きました。苦味と甘みがほどよくバランスした味付けと、我ら缶コーヒーマニアの妄想心をくすぐるパッケージデザインがBEST1受賞の理由です。今後とも貴社のブレのない商品企画に期待しております。おめでとうございます!

缶珈琲専門店
http://cannedcoffeemaster.blog93.fc2.com/
<正面写真>
Roots CREAMY CAFE ICE FRONTVIEW

氷浮くアイスコーヒーの写真が、夏モデルであることを主張。膜のようにアイスコーヒー表面を覆うミルクの層が、ミルキィさを予感させる。「Creamy Cafe」の夏向けということか。「Creamy Cafe」が5つ星だっただけに期待大。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
またりー度 ★★★★★

ミルク感超濃厚。適度な甘みとのバランスよし。「Creamy Cafe」より苦味を抑えた感じ。
台風4号の猛威の中、目的地に到着。体が飛ばされそーだー!!夏なのに体冷えるこんな日は、クリーミーカフェで一休み(^^)

<イメージ1>
Roots CREAMY CAFE ICE IMAGE 1


<イメージ2>
Roots CREAMY CAFE ICE IMAGE 2

<正面写真>
伊藤園 Aroma Drip BLEND FRONTVIEW

遊びのない簡素なデザインである。缶の横面に、香りのコーヒーの作り方が書かれている。一般的な缶コーヒーの約1.5倍量のコーヒー豆を使用しているらしい。缶表面には湯気漂うコーヒーの絵が。しかし、アイスで飲みました。暑い日には少し合わないデザイン。一工夫欲しいかなぁ。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
素材活きてます指数 ★★★★★

若干甘みが先に来るが、濃い目のコーヒー感とのマッチング良し。さすが伊藤園。素材のうまみを活かすのに長けている。心の淀みがどこかに流れていくようだ。
ロングドライブの一服にお勧め。う~ん。雨がハゲしくなりそうだなぁ。カモン台風4号。

<イメージ>
伊藤園 Aroma Drip BLEND IMAGE

<正面写真>
Uni-President MASTER CAFE FRONTVIEW

台湾土産にて入手。印刷の緻密さ、缶の複雑な形状、どれをとっても一流と言うべき資質を備える。日本発祥の缶コーヒー文化が、遂に海を超えた。もはや缶コーヒーは、寿司・アニメに次ぐ日本文化といっても過言ではあるまい。
「Uni-President」はUni-President Enterprises Corp. (台湾)の登録商標らしい。台湾の清涼飲料水市場は、Uni-President Enterprises Corp.、Hey-Song Corp.、King Car Food Industrial Co Ltd.の3社が独占しているというレポートがある。この缶コーヒーを見る限り、日本と同じく、レベルの高い争いが繰り広げられているのであろう。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
日台友好度 ★★★★★

甘み若干強め。ミルク感濃厚。まろやかな味付け。異国の地、台湾でも缶コーヒー文化が花開いたことに感慨を覚える。驚くべきは、缶コーヒー本国、日本でも十分に戦える造り込みがなされていたことだ。台湾のビジネスマンを想って一口。エキゾチック、台湾。一度行ってみ台湾。

<イメージ>
Uni-President MASTER CAFE IMAGE

<正面写真>
UCC DOUBLE PRESSO FRONTVIEW

ちょっと小さめ。155g缶。夜風になびくワインレッドのカーテンのようなデザインが色っぽい。「DOUBLE PRESSO」のネーミングからも苦味強めの味が予想される。デザインといい、ネーミングといい、小さめのサイズといい、ん~、高級感いっぱいだ。サイドには「※よくふってお飲みください。コーヒーおよびミルクの成分が豊富なため、浮遊・沈殿する場合がありますが、---」の文字。濃厚度も期待できる。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★★
デザイン ★★★★★
UCCの本気度 ★★★★★

キター!ずっしり濃厚なコーヒー感と濃厚なミルク感。そして適度な甘み。意外に苦味は抑えめ。こいつはうまい。UCCの本気度を見た思いですな。感じとしては、通常の缶コーヒー500mlを155mlに凝縮した感じだ。夜走りのひと時にも十分耐え得る味付けだ。缶コーヒーマスターおすすめ。
近所のローソンがローソンプラスに、少し高級感有る佇まいに、いつの間にか変わっていた。こいつとはローソンプラスで出会った。何から何まで高級感の有る缶コーヒーだぜ。

<イメージ>
UCC DOUBLE PRESSO IMAGE

<正面写真>
DyDo Blend Coffee frontview

一切の遊びを省いた、まさにベーシックなデザイン。ダイドードリンコのHPによると、1975年発売らしい。なんと今年で32歳。ジャマイカの国旗をイメージしたデザインとの事だが、だいぶ違うようにも思える。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★☆☆
It's the basic度 ★★★★★

甘み若干強め。ミルク感濃厚。コーヒー牛乳的味付けであり、気軽に楽しめる味だ。世界初のミルク入り缶コーヒー発売が1969年とのこと(UCC)なので、まさにミルク入り缶コーヒー黎明期からずっと続くロングセラーということになる。缶コーヒー文化が開花してもこの基本を守り続ける姿勢が二重丸。
困難な仕事に立ち向かう土曜日。僕がまだ小学生にもならない頃から変わらぬ味に、ほっと一息ついた。そうだ、アイデアが出ないときは一度、頭を白紙に、基本に立ち返ってみよう!

<イメージ>
DyDo Blend Coffee image

<正面写真>
DyDo D-1 COFEE 新豆2007 微糖 frontview

ベージュ地にタイルのような模様が描かれている。「新豆2007」の文字が採れたて感を盛り上げる。若干ざらついた缶の肌が心地よい。こういうアプローチも大切だ。コロンビアスプレモ豆100%。スペイン語の「スプレモ」(supremo)は、英語で「supreme」(最高の、究極の)の意味。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
「77」ぞろ目リーチ度 ★★★★★

抑えられた甘み。そしてたっぷりミルク感。トレハロースの甘みがいつもと違う味を問いかける。こういう爽やかさもアリかな。微糖が流行る缶コーヒー界。また一つ新たな試みの新作が誕生した。
いつもの街並みも、心なしか爽やかに感じる。この先長く働かねばならぬ貴方の健康を祈ってこの一本。

<イメージ>
DyDo D-1 COFEE 新豆2007 微糖 image

<正面写真>
WONDA CAFE Au Lait frontview

濃淡のGOLDのラインが目印。コーヒーとミルクの調和をイメージしたデザイン。しかし、このデザイン、どこかで見たような・・・。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★☆☆
このデザイン、どこかで見た度 ★★★★★

カフェオーレならではの甘みの強い味付け。ミルク感、コーヒー感とも強めでチューニングしてある。しかし、口に残るこのコーヒーのコク、これは良いですな。甘みも飲み進むに付けミルク感の裏に隠れてゆく。
ほっと一息にぴったり。
しかし、このデザインはどこかで見たような気がしませんか。みなさん。おっと、間違えるところであった。

<イメージ>
WONDA CAFE Au Lait image

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 缶珈琲専門店 all rights reserved.
ご訪問頂いたお客様
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング
メーカー別
過去のメニュー
新入荷缶コーヒー
ブロとも申請フォーム
お探しのコーヒーは?