FC2ブログ
いらっしゃいませ。ようこそ缶珈琲専門店へ。 当店のお勧め缶珈琲をご賞味ください。
<正面写真>
SANGARIA まろやかカフェ・ラテ FRONTVIEW

ベージュのカラーがミルクを、そして柔らかな人肌を感じさせる。濃厚なミルク感が期待できそうだ。缶裏面が凹んでいたのが残念。自販機から出てきた缶が凹んでたときの脱力感ときたら・・・。自販機管理者にはご注意いただきたいものだ。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
凹んでいました度 ★★★★★

甘みが前面に出る。苦味は限りなくゼロ。若干濃い目のミルク感。確かにまろやかな味付けだ。しかし、管理状態が良くなかったのか、ミルクの膜が浮いていた。あるいは濃いミルク感ゆえにやむをえないことなのだろうか。総合評価としては3つ★に近い印象。こいつは別の自販機で再度チャレンジしたい。
まろやかな缶珈琲でまたーりと満月を眺める。これにススキがあればホント、もう秋ですよ。

<イメージ>
SANGARIA まろやかカフェ・ラテ IMAGE2

スポンサーサイト



<正面写真>
GEORGIA SEASON’S BEST 第3弾 ロイヤルキリマンジャロ frontview

第1弾 コロンビア ジャスミン第2弾 ベトナム ブラウンパールに続く第3弾の登場だ!アフリカの夕暮れを描いたデザイン。夕陽に黒く写る動物たちが哀愁を感じさせる。いよいよ秋が近づいてきましたなぁ。「第3弾 タンザニア」との記載があるが、タンザニアは最近、タンガニイカとザンジバルに再度分裂したのではなかったか。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★☆☆☆
デザイン ★★★★★
第3弾を数えるに至りますた度 ★★★★★

残暑を爽やかに楽しめる、あっさりした味付けだ。後味良好。甘み苦味とも薄めでバランスされ、これに適度なミルク感とフルーティーなコクが合わさる。GEORGIA FRAIJANESに通じるフルーティーさ。缶珈琲に生茶の如きフルーティーさを持ち込んだGEORGIAが、このフルーティーさをさらに発展させた。他にない味は一飲の価値あり。
GEORGIAの勢いが止まらない。車でいうとTOYOTAのような横綱相撲。多彩なラインアップに新たなカテゴリーがさらに加わるようだ。「ヴィンテージレーベル」というらしい。「通常より約3倍長く、約30日間寝かせたコーヒー豆を使った」とのこと。楽しみじゃないですか。

<イメージ>
GEORGIA SEASON’S BEST 第3弾 ロイヤルキリマンジャロ image

<正面写真>
NESCO DEEN COFFEE カフェオレ FRONTVIEW

レアもの発見しました。株式会社ネスコ製。缶には「大阪市西石切町」と書いてあるが、HPでは住所が「大阪府摂津市千里丘」となっている。いずれにせよ大阪圏内で企画されていることは間違いなさそうだ。資本金1000万円。小さいながらも頑張る地場産業を応援しようではないか!

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★☆☆
レアもの見つけました指数 ★★★★★

甘みが強いがコーヒーのコクを生かした確かな苦味もミックスされている。若干甘みが強すぎる感があるのが残念。パッケージデザインについても、せっかくのレアものゆえ、無難にまとめるのではなく、もう少し遊びが欲しかった。地元メーカーゆえに厳し目の★三つだ!
休日出社を終えた僕は、レアコーヒーに出会えた喜びを噛み締めつつ帰路に着いた。休日出社三文の得ですな(^^)


<イメージ>
NESCO DEEN COFFEE カフェオレ IMAGE

<正面写真>
株式会社ジャスティス TWO DOWN PREMIUM BLEND frontview

関西では駐車場タイムズとの提携でおなじみのTWO DOWNブランド。パッケージデザインにもう一工夫欲しいところが残念。前回の黄色版は「北海道産生クリーム使用」ということで濃いミルク感を売りにしていた。今回は赤。「コクのある深い味わい」とのこと。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★☆☆
100円度 ★★★★★

甘み・苦味ともに強めでバランス。適度なミルク感に濃い目のコクがミックスされている。確かに、コクのある味わいだ。しかし、意外に裏の顔が見えないのが残念。TWO DOWNブランドは派手目の味付けといえる。
僕も派手な人生を送りたい。僕は、なけなしのお小遣いで宝くじを購入した!300円×20枚=6000円が、600円になった!!

<イメージ>
株式会社ジャスティス TWO DOWN PREMIUM BLEND image

<正面写真>
DyDo DEMITASSE COFFEE FRONTVIEW

155g缶。小さいだけにダイドードリンコの本気度が伺える。漆黒の缶に薄っすらと走る縦のラインがデミタスコーヒーの濃厚さを予想させる。簡素だが大人を感じさせる優秀なデザインだ。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
荘厳さ、感じさせます度 ★★★★★

意外に苦味は弱め。濃い目のミルク感と適度な甘みがマッチング。コーヒーのコクが口に残る、余韻を楽しめる味付けだ。旨いです。これは。缶が小さいのが残念だ。しかし、この缶の小ささがプレミアム感を駆り立てているとも言える。
天王寺は一心寺。荘厳な風景の中、僕はご先祖様から娘へと続く縦のラインに想いを馳せる。この缶珈琲表面に表された縦のラインは人格形成の歴史を表現したものか。荘厳な風景に合う荘厳な缶珈琲。この缶珈琲には重みがある。

<イメージ>
DyDo DEMITASSE COFFEE IMAGE

<正面写真>
Saving SPECIAL BLEND COFFEE FRONTVIEW

株式会社ダイエー製の缶コーヒー。さすがダイエー。庶民の味方。驚きの60円で購入。簡素極まりないデザイン。我が生まれ故郷、神戸発だけにダイエーには頑張ってもらいたい。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★☆☆
V字回復度 ★★★★★

いいんじゃないですか!この味。しっかりとしたコーヒーの苦味あり、バランスよい甘みとミルク感、そしてコーヒーのコク。さすがダイエー。何でもそつなく作るところが素敵だが、特にこの缶珈琲の出来は秀逸だ。パッケージに工夫があればなお良いが、この辺のマイナスはダイエー製というレアさがきっちりカバーした。
俺は有名人を見るためにOBPの24時間テレビ会場までやってきた。近所のダイエーで何気なく買った缶珈琲の意外な秀逸度に僕はヤラレテしまった。ステージでは見たことのないバンドが沖縄ソングを歌っていた。この沖縄ソングがこれまた良い。今日は何気ない驚きに満ちた一日だった。

<イメージ>
Saving SPECIAL BLEND COFFEE IMAGE

<正面写真>
SAPPORO がぶ飲みミルクコーヒー FRONTVIEW

チェリオ BLUES BIG COFFEEに続く350mlサイズ、ビッグ缶での缶コーヒーが登場!暑い日が続くこの頃、ついついビッグ缶に手が伸びてしまう。「がぶ飲み」のネーミングがまた良いじゃないですか!

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★☆☆☆
デザイン ★★★★☆
big度 ★★★★★

このサイズからして満点評価しかないでしょう。甘み強く、薄めなのはこのサイズからしてやむを得まい。口に残る後味なく、あっさりと一息に飲めてしまう。まさにがぶ飲み専用だ。
只今午前11時50分。外気温33度。さらに気温上昇中!あちー

<イメージ>
SAPPORO がぶ飲みミルクコーヒー IMAGE

<正面写真>
SANGARIA GOD Blue Mt. frontview

標高1500m以上の高地産生豆を厳選とのこと。サンガリアのHPには「最高のコーヒーを求め、GODの領域に達した。」との一文が。神の名を語るこのコーヒー、サンガリアの自信の表れか、それともただの傲岸か。デザインにいまいち斬新さが感じられないのが残念。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★☆☆
ゴッ度 ★★★★★

甘みがほんの少し勝つも、コク・ミルク感とのバランスよく、好印象。五つ星に近い4つ星だ。うん、これはお勧めできます。
待望のプロテインが届きました。13kgの超ビッグサイズで27500円。激安だ。このプロテインがなくなる頃、僕の体はムキムキになっているはずだ。そう、この缶珈琲がGODの領域に達したように、僕の肉体もGODの領域に踏み込むのだ!

<イメージ>
SANGARIA GOD Blue Mt. image

<正面写真>
BOSS 地中海ブレンド ICE COFEE FRONTVIEW

氷たっぷりのグラスに透けるアイスコーヒー。そして分厚いミルクの層。グラスの向こうに青い空が見える。海の家で、波の音を聞きながら、夏休みとアイスコーヒー、いや、冷コーを楽しむ。「地中海ブレンド」。冷コーと海が似合うのは、須磨の海も地中海も同じ。この空と海、ぜーんぶつながってるらしいー。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
気持ちセレブ指数 ★★★★★

飲み始めに甘み強く感じるも、徐々にコクの効いた苦味に舌がフォーカスされ、後味にて甘みと苦味、そして適度なミルク感の良いバランスが口中に広がる。アイス専用もうなずける爽やかなチューニングだ。
この暑さにいつもの公園の、いつものお花たちも参っているだろう。この缶珈琲の爽やかなデザインでお花たちの心を・・・あっ、コラッ!・・カシャッ。

<イメージ>
BOSS 地中海ブレンド ICE COFEE IMAGE

<正面写真>
BOSS BLACK FRONTVIEW

黒字にシルバーの文字。そしてお馴染みのボスの絵。デザインが似通いがちなブラック缶珈琲であるが、このデザインは好きだ。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★★☆
酸  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
逃げない度 ★★★★★

僅かに苦味が勝つ味付け。喉越し良く、クリアで雑味のないチューニング。良い水を使っているのではなかろうか。心に染みる黒だ。
黒とシルバーが似合うのは、この男しかいない。Mr.CHONO!!群れない、逃げない、ボス・ブラック。

<イメージ>
BOSS BLACK IMAGE

<正面写真>
GEORGIA SEASON’S BEST 第1弾 コロンビア ジャスミン FRONTVIEW

遅ればせながらGEORGIA SEASON’S BEST 第1弾が登場。探しに探したり、2つ先の駅前の薬のヒグチにて発見。熱帯を感じさせるある種サイケなデザイン。心は南米コロンビアへ。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
ようやく見つけた度 ★★★★★

飲み始め甘み強く感じたが飲み進むに付け独特のコクに甘みがかき消されていく。なんというか、紅茶のような、果実のような若干フルーティーな甘みと独特のコクのマッチングがgood。探したかいがあったというものだ。第一弾を探しているときの私の頭の中を、流行の脳内メーカーで分析してみた!

<イメージ>
GEORGIA SEASON’S BEST 第1弾 コロンビア ジャスミン IMAGE

<正面写真>
WONDA 100念BLACK FRONTVIEW

1908年、ブラジルに夢を託して旅立った日本人達。彼らが異国の地で花咲かせた珈琲農園の豆のみを使用した逸品。来年でちょうど100年目。この缶コーヒーには先人たちの夢とロマンが詰まっている。黒い缶に彼らの夢を追いかける。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
酸  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
100年度 ★★★★★

苦味酸味とも抑え気味であるがバランスよく、爽やかに楽しめる、非常に良好な味付け。この味はGOOD。Black珈琲はえてして苦味酸味のいずれか、又は両方が強くなりすぎる嫌いがあるが、こいつは両者を上手く調教している。
最近、Black珈琲がブームだ。無糖珈琲がブラックと呼ばれる所以は存じ上げないが、ブラックという呼び名から、どのメーカーも黒缶を採用する。結果、似通ったデザインとなりがちだ。それゆえに本缶は「100年」の文字が光る。

<イメージ>
WONDA 100念BLACK IMAGE

<正面写真>
Do TASTE 炭焼きCOFFEE FRONTVIEW

関西では珍しい缶コーヒーを発見。ついつい購入しちゃいました。自販機なのに80円!札幌フードシステムズ㈱製。北海道石狩市に本社があるようだ。レアメーカー=炭焼コーヒーの業界習慣に則った商品展開!しかし、HPでは他にも商品があるようだ。デザインとしては特に奇をてらったものではなく、遊びのないデザインといえる。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
レア指数 ★★★★★

炭焼のコクが十分に楽しめる。甘み強く若干口に残るか。標準的な味付けであるがもう一つパンチが欲しいともいえる。
北海道産。そういや学生時代、単車で北海道一周ツーリングしたなぁ。もう10年以上前の話か・・・。
久々に単車の雑誌を買ってみると、どうも今年は当たり年のようだ。車の世界も含めて、気になる新車が続出している。隼1300、B-King、次期隼は197馬力!秋にはV-MAXの新型が発表されるというし。車の世界でもIMPREZA、LANCERが揃ってモデルチェンジ。12月にはいよいよ新型GT-Rが発売されるという。僕たちはいまでも、19のままさぁ~♪チョイワル親父より大人になれない大人のほうがいいかなぁ。

<イメージ>
Do TASTE 炭焼きCOFFEE IMAGE

<正面写真>
GEORGIA Cafe Au Lait frontview

濃厚なミルク感を予想させる白っぽいカラーリング。遊びのないデザイン。定番カフェオレを、GEORGIAはどう料理したか?

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
きらく~度 ★★★★★

甘み強め。カフェオレなら当然ともいえる。ミルク感とコーヒーのコクが上手くバランスしている。まろやかな味付けだ。外観とは裏腹に、それほど濃厚というわけではない。気楽に、肩肘張らずに楽しめる味付けだ。
軽く一杯。俺の肝臓の暖機運転は完了した。GEORGIAカフェオレをポキュッと開ける。さて、次はいつものあの店に。北新地の賑わいに消えていくコーヒーマスターであった。

<イメージ>
GEORGIA Cafe Au Lait image

<正面写真>
Roots BITSTYLE FRONTVIEW

スピーカーの振動板の前にこんな感じの穴あきの板が貼られているか。穴を通して裏にある模様が微かに見える。よく見るとRootsの文字が。どこが表か分からないデザイン。165g缶と小さ目ながらいつものくびれスタイルは堅持されている。「BIT STYLE」の「BIT」は「少し、ちょっと、少量」の意味で用いられているのか、それとも「ビット、2進数」の意味か?それとも、「微糖」「ビトー」「ビット」バンザーイ!ということか?

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
ビッ度 ★★★★★

微糖とは思えない自然な甘み。そして適度なミルク感とコク。これでカロリーカットなんてたいしたもんだ!微糖を感じさせずに楽しめる密度感が◎。
暑いですな。今日は須磨水族園にやってきました。涼しく泳ぐお魚さんを眺めて、しばし涼を取ろうか。

<イメージ>
Roots BITSTYLE IMAGE

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 缶珈琲専門店 all rights reserved.
ご訪問頂いたお客様
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング
メーカー別
過去のメニュー
新入荷缶コーヒー
ブロとも申請フォーム
お探しのコーヒーは?