FC2ブログ
いらっしゃいませ。ようこそ缶珈琲専門店へ。 当店のお勧め缶珈琲をご賞味ください。
<正面写真>
伊藤園 W Cofee BLEND front view

缶コーヒーに対する真摯な取り組みが定評の伊藤園 Wシリーズ。このシリーズでは定番であろう「BLEND」と名付けられたこの缶コーヒーの方向性や如何に? デザインも遊びが少ない。もう少し工夫があっても良いのではないか。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
キタ━指数 ★★★★★

苦味はあまり感じない。甘みとコーヒーのコク、そして適度なミルク感との調和が絶妙。喉越し良好。何かが突出しているわけではないが、当たり前に美味しいのだ。定番の名に恥じないチューニング。これはうまいと思いますが。それだけにデザインに一工夫をお願いしたい!しかし、さすが伊藤園ですな。うん。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

<イメージ>
伊藤園 W Cofee BLEND image
スポンサーサイト




<正面写真>
Asahi COCKTAIL PARTNER カフェ&ミルク FRONTVIEW

カクテルパートナー。リキュールだが、コーヒー味である以上、ここで紹介しないわけにもいくまい。140円。270ml。値段的には一般的な缶コーヒーと大差ない。「カフェ&ミルク」がカクテルになるとどんな感じになるのだろうか。カルーアみたいな感じ?

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
アルコール 度 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
飲んだら乗らない。乗るなら飲まない指数 ★★★★★

カルーアミルクとは違う方向性だ。あれほどミルク感は濃厚ではない。むしろコーヒー感とミルク感のバランスを考えてカクテル化したイメージ。甘みが強いが、これはカクテルとしては当然だろう。缶コーヒーマニアとしても十分楽しめる。まぁこういうのもいいんぢゃないでしょーか。うぃ~。
クリスマスまで1ヶ月。街がクリスマス色に変わり始めた。

<イメージ>
Asahi COCKTAIL PARTNER カフェ&ミルク IMAGE

<正面写真>
BOSS 贅沢微糖 FRONTVIEW

「贅沢微糖」。黄金に輝く缶にBOSS親父の絵が凹凸で描かれる。この缶は金かかってる感が満載。まさに贅沢。BOSSがここまで露骨に高級感を前面に出すなんて。果たして・・・。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
プチ贅沢指数 ★★★★★

「高級豆を中心にブレンド」、「余計な渋みや苦味の強い、抽出の最後の部分はあえて使わずに、いいところだけをドリップ」。確かに、喉に残る苦味・渋みは控えめであっさり仕立てながらもコクの有るチューニング。微糖であるが物足りなさを感じない仕込み。さすがBOSS。缶デザインに負けない内容だ。微糖にありがちな人口甘味料的な甘さもほとんど感じない。
こんな贅沢な缶コーヒーは、こんな贅沢なソファに座って、プライベートシアターでも楽しみながら飲みたいものだ。

<イメージ>
BEFORE transform
BOSS 贅沢微糖 IMAGE1

AFTER transform
BOSS 贅沢微糖 IMAGE3

<正面写真>
GEORGIA SEASON’S BEST 第4弾 カリビアンジュルン frontview

第4弾! 第3弾「ロイヤルキリマンジャロ」は秋を感じさせるデザインだったが、第4弾では一転、トロピカルな夏系デザインになった。コートが必要になったこの季節、楽しかった夏を一瞬でも思い出してもらおうという粋な計らいか?
「カリビアンジュルン」はコスタリカスペシャリティコーヒー協会(SCACR)の認証コーヒー豆らしい。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
フルーチー指数 ★★★★★

低糖でサクっと飲める印象だが、このシリーズに共通するフルーティーなテイストは健在。第4弾まできて、このシリーズの方向性が見えてきたか。世界中のコーヒー豆を初荷フルーティーの切り口で紀行する。次回策にも期待だ。
近所のつぶれたミニストップ跡地、ショップ99ができるようだ。この場所にコンビには無理と思ったが、ショップ99なら流行るかも!リーマンのマスターにとっては嬉しい限りだ!

<イメージ>
GEORGIA SEASON’S BEST 第4弾 カリビアンジュルン image

<正面写真>
チェリオ BLUES KILIMANJARO FRONTVIEW

引き続きチェリオ。ここで不思議な現象が起こった。前回紹介したはずの「BLUES キリマンジャロ」だが、同じネーミングの缶コーヒー発見。それも同じ自販機で!
チェリオ BLUES KILIMANJARO IMAGE2

今回のは「KILIMANJARO」が英語だ。前回のキリマンジャロは緑基調のスチール缶だったが、こっちは金色のアルミ缶になっている。内容量も185gと若干小さい。モデルチェンジしたのだろうか? にしてもどっちが新しい?

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
なぞ指数 ★★★★★

甘みが強め。味はマスターセンサーにて前回のキリマンジャロと同じに感じるが? 金ぴかボディーで若干リッチに感じるところはある。
チェリオの高槻工場が近くにある。一度行ってみたいポイントではあるが、工場見学できるのかなぁ。製造工場って何の製造であっても楽しいよね♪

<イメージ>
チェリオ BLUES KILIMANJARO IMAGE1
<正面写真>
チェリオ BLUES キリマンジャロ front view

100円で購入。190g缶。緑を基調にした斜めボーダーのデザイン。ラッパを吹くブルース親父の商標は健在。同じマークを頑なに守り続ける姿勢は◎。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
この商標に歴史あり度 ★★★★★

甘みが強い味付け。軽めのチューンの中にわずかにミルク感を感じさせる。
今日は近所の図書館にやってきた。さて、何の本を借りようか。最近の関心は「株式投資」だ。サブプライムで冷え込んだ今こそが逆に買い時?

<イメージ>
チェリオ BLUES キリマンジャロ image

<正面写真>
KIRIN FIRE 挽きたて 炭焼き frontview

fireの炭焼き! 新規参入の定番、「炭焼き」に大御所、KIRINが殴りこみ! 格の違いを見せ付けるか? デザインは新しいがあまりインパクトを感じない。も少し飛びぬけても良かったか?

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
コーヒーの定番指数 ★★★★★

焦し砂糖が隠し味らしい。炭焼きのコクが良く出ている。しかしそこらの安易な大味炭焼きコーヒーとは一線を画する。大量の豆を使いました的な濃厚さが魅力。最初苦味強く感じるも徐々に甘みとのバランスに納得する二段階の味付け。予想だが、コカコーラのVINTAGEを研究し、これを炭焼きに応用したんではないか? 方向性に近いものを感じるのだ。トレンドか?
僕は、愛と死と、憎悪が渦巻くメカニカルタウンで、コンクリートジャングルを眺めながら一息ついた。冷たい雨が降り始めた。僕はトレンチコートの襟を立てて歩き始めた。

<イメージ>
KIRIN FIRE 挽きたて 炭焼き image

<正面写真>
BOSS RAINBOW MOUNTAIN BLEND frontview

BOSSのベーシックグレード、RAINBOW MOUNTAIN がマイナーチェンジしました。旧型はこんな感じ→ココ。良く見ないと違いには気付かないか。虹がアーチ状に変わり、右下に見えるコーヒー豆が地球儀の絵に変更された。世界征服の意味が込められているのだろうか!?

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
正常進化指数 ★★★★★

前回は「口にするたびに違う表情を見せる。時に濃厚さに納得し、時に甘みの裏の苦味に感嘆する。まさに七色。」と評価した。7色のレインボーテイストは不変だ。若干苦味・コクが向上したように感じられる。チョコと一緒に楽しんでいるせいか? ミルク感も適度。ベーシックグレードなのに、いや、ベーシックグレードだからこそ、ここまでこだわる。さすがBOSS。参りました。
本日のメニュー。週始め。楽しくがんばりまっしょい。

<イメージ>
BOSS RAINBOW MOUNTAIN BLEND image

<正面写真>
AGF MOCHA BLENDY FRONTVIEW

しっかりしたモノ作りながらあまり見ないAGF BLENDYの缶コーヒー。ブランド名だけでもプレミアム感十分。「MOCHA」は「イエメンの首都サヌアの外港であるモカから積み出されたコーヒー豆を総称するブランド」とのこと(WIKI「モカ」より転載)。コーヒー豆の枝が描かれる。こんな風にコーヒー豆って実るんだぁ。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
商売の難しさ感じる指数 ★★★★★

苦味甘みとも若干薄めの設定。ただ、その分コーヒーのコクが引き立つ。サラッ、シャキッ、とした印象(微糖ではないが)。気軽に楽しめるチューン。
つぶれたミニストップ、後がまだ決まりません。ここにコンビニは難しいだろうなぁ。

<イメージ>
AGF MOCHA BLENDY IMAGE

<正面写真>
POKKA aromax ESPRESSO front view

aromax ESPRESSO がモデルチェンジ! 旧タイプはこちら。エスプレッソの写真が入りました。でも真っ赤な情熱カラーは不変だ。蓋は黒くなりました。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
正常進化指数 ★★★★★

苦味甘みのバランスよし。モデルチェンジにより若干苦味が抑えられたか。しかし、喉にかすかに残る苦味がエスプレッソであることを主張する。
深夜テレビで懐かしの音楽満載のCDを販売している。ぼくはエスプレッソ片手にボケッと懐かしのメロディーを聴き続けた。ん、ん~。もう寝ないと。

<イメージ>
POKKA aromax ESPRESSO image

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 缶珈琲専門店 all rights reserved.
ご訪問頂いたお客様
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング
メーカー別
過去のメニュー
新入荷缶コーヒー
ブロとも申請フォーム
お探しのコーヒーは?