FC2ブログ
いらっしゃいませ。ようこそ缶珈琲専門店へ。 当店のお勧め缶珈琲をご賞味ください。
<正面写真>
GEORGIA ESPRESSO Demitasse frontview

GEORGIAからも遂にエスプレッソが登場! 赤を基調としたデザインが、ちょっとイタリア風。濃い目の珈琲が大好きな缶コーヒーマスターは、最近のエスプレッソの流行に大喜びだ。この流行は冬だけのものだろうか? だとしたら残念だ。
このエスプレッソは「浅煎りと深煎り、2種類のエスプレッソに牛乳を加え」たらしい。手が込んでるではないですか!

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
缶が小さめ指数 ★★★★★

ん。んまいですな。エスプレッソはやっぱ、この濃さだね。小さい缶がまたプレミアム感を盛り上げる。苦味はないが、濃厚さとミルク感のバランスが絶妙だ。赤ワインっぽい色がまたこれ、大人っぽいですな。体が温まりますなぁ。
と、いう間にここ、大阪も大雪となりました。写真からは確認しにくいですが・・・。

<イメージ>
GEORGIA ESPRESSO Demitasse image

スポンサーサイト



<正面写真>
GEORGIA ALMOND CHOCOLAT FRONTVIEW

チョコレートらしい赤茶色にアーモンドのイラストが散りばめられる。ココアを思わせる雰囲気だ。ぬくもりを感じるこの缶デザインは、まさに「冬季限定」。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
ほっこり指数 ★★★★★

ココア的濃厚さを予感していたが、違った。あくまでも、こいつは缶コーヒーだ。強めの甘みにアーモンドが香る。缶コーヒーのスタンスを崩さない、一本木の通った姿勢に拍手だ。でも、あんましチョコの感じはしなかったかな。
まだ明けきらぬ朝、6時58分。あまーいチョコラテが、寒空を歩く貴方を包む。

<イメージ>
GEORGIA ALMOND CHOCOLAT IMAGE
<正面写真>
TOPVALU CAFE AU LAIT frontview


イオンのプライベートブランド、「TOPVALU」。企画開発はイオンが行うが、製造は国内外メーカーが行う。5つのこだわり! しかし、なんといっても安いと言うイメージが先行する。ダイエーの缶コーヒー「Saving SPECIAL BLEND COFFEE」が旨かっただけに、イオン缶コーヒーも期待大だ!

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★☆☆☆
デザイン ★★★☆☆
サパリー指数 ★★★★★

甘み強め。まろやかな味付けであるが、若干薄めである。あっさりと飲めるのは良いが、もう少し奥深さが欲しい感じもする。もう少し努力しましょう。食の不安が付きまとう今日この頃、製造場所(国)も明記して欲しいところだ。
今日は大日イオンに来ております。ワーナーマイカルの映画館の雰囲気はいいよね。外国チックで、異国情緒満点だ。

<イメージ>
TOPVALU CAFE AU LAIT image
<正面写真>
JACK 炭焼珈琲 BITTER frontview

JACK 炭焼珈琲 BITTER。苦味が特徴の炭焼珈琲が、さらにBITTERとはこれいかに!?大人の味が期待できそうだ。しかし残念なのはパッケージだ。内容を伝える記述には富むが、夢を抱かせないデザインだ。せっかく「JACK」という新ブランドを立ち上げたのだから、もう少し、パッケージデザインも「JACK」に合わせてトータルな商品展開、イメージ戦略を期待したいところだ。「JACK」に明確なイメージがわかないのも残念。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
ビターな大人指数 ★★★★★

苦味強めかつコク強め。本格派、大人の珈琲だ。炭焼きの王道、ここに登場! それだけに残念なのはデザイン。この味をイメージ戦略にうまく活かせば、売り上げ倍増間違いないのだが・・・。
さて始まりました、大阪府知事選。個人的には橋下さんに頑張って欲しいところだ。

<イメージ>
JACK 炭焼珈琲 BITTER image


PS.先日の缶コーヒーアワード優勝のUCCさまから、受賞のお祝いメッセージへの返答がきました。そのメールによると・・・、「DOUBLEPRESSO缶155g」は2007年秋をもって製造販売を終了したそうな!!ん~、残念!

<正面写真>
伊藤園 W Cofee CINNAMON Demitasse front view

ココアを思わせる赤茶けたカラーリングが濃い味を予想させる。伊藤園の缶コーヒーはヒット率が高いので安心して楽しめる。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★★
デザイン ★★★★☆
自宅専用度 ★★★★★

期待を裏切らない濃さ。まるでココアのよう。でもココアほど甘すぎない。あくまでコーヒー感が濃いのだ。いかにも成分たくさん入ってマス的な液体のとろり感が素敵。ゆっくり自宅のソファで楽しみたい味だ。
おっと、評価をしていると電車が出てしまった。

<イメージ>
伊藤園 W Cofee CINNAMON Demitasse image
缶コーヒー賞 下半期 ベスト3発表!!
独断と偏見に基づき、なおかつ記憶のみに頼ったこの缶コーヒー・アワード!!
遂に2回目の発表だ!

<授賞式写真>
Canned Coffee Award '07 下半期imge


1位はUCC DOUBLE PRESSO
ずっしり濃厚なコーヒー感と濃厚なミルク感。そして適度な甘み。缶は小さめだが、満足度は海よりも大きい。さすがUCC、コーヒー専門メーカーだ。次元の違う缶コーヒーワールドを開拓した点は賞賛に値する。拍手!

Canned Coffee Award '07 下半期up1


2位はDyDo D-1 ESPRESSO イタリアの濃い味
1位UCC DOUBLE PRESSO同じく濃厚系のエスプレッソ。UCC DOUBLE PRESSOよりミルキーさが控えめ (と言っても十分にミルク感は良好だが) な替わりに、コーヒーのコクを強めたバランス。1位とは僅差。どちらを先に飲むかで順位が変わってしまいそうな程の拮抗した名勝負となった。2位のこいつはデザインがまたいい。

Canned Coffee Award '07 下半期up2


3位はGEORGIA VINTAGE LABEL 蔵出し熟成
これも濃厚だが1、2位の濃厚さに比べると方向性が違う。1、2位がエスプレッソ系なので方向性の違いは当然か。いかにもコーヒー豆たくさん使ってます的な濃厚コーヒー感がgood。広告宣伝を通したイメージ作り手法もさすがtopブランド。

Canned Coffee Award '07 下半期3up


ちなみに次点は 伊藤園 W Cofee CINNAMON Cappuccino でした。

2007年は120本の缶コーヒーを評価しました。
2008年、今年はどんな缶コーヒーとの出会いが待っているだろうか!ウキウキワクワク。
楽しい一年を予感させる大吉。
大吉


1位の栄誉に輝いたUCCさまのお客様センターには、缶コーヒー専門店から以下の感謝メールを送っておきました!

いつも素晴らしい缶コーヒーをご提供いただき、ありがとうございます。缶コーヒーマニアを(勝手に)代表して感謝の意を表します。このたび、貴社の缶コーヒー「DOUBLE PRESSO」が2007年下半期BEST1に輝きました。ずっしり濃厚なコーヒー感と濃厚なミルク感。そしてアダルトな缶デザインがBEST1受賞の理由です。今後も貴社の多様な商品展開に期待しております。コーヒー専門メーカーならではの商品でまた我ら缶コーヒーマニアをうならせて下さい。おめでとうございます!

缶珈琲専門店
http://cannedcoffeemaster.blog93.fc2.com/
<正面写真>
BOSS 冬のくつろぎ FRONTVIEW

テーマ別コーヒーを作らせたら右に出るものがないBOSSシリーズ。満を持して登場の冬限定バージョン。「冬のくつろぎ」。HOTで楽しみたいこの逸品。石垣の背景に温かいカップコーヒーが画かれる。「期間限定」の語がマニア心をくすぐる。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★☆☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
年越し指数 ★★★★★

ミルク感が若干立つキャラ作り。HOT専用ゆえにHOTで楽しめるよう、甘みは強め。濃い目でまさに冬専用。冬のミッドナイトドライブで、冷たい風を肌に感じながらの一本。そんなシーンにお勧め。
いやぁ、年越しですな。行く年来る年。ゴーン・・・。
ん?ドライブで飲んだときのほうが美味しく感じたなぁ・・・。シチュエーション別コーヒーはやはり、そのシチュエーションに合わせて楽しむ必要があるなぁ。

<イメージ>
BOSS 冬のくつろぎ IMAGE
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 缶珈琲専門店 all rights reserved.
ご訪問頂いたお客様
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング
メーカー別
過去のメニュー
新入荷缶コーヒー
ブロとも申請フォーム
お探しのコーヒーは?