FC2ブログ
いらっしゃいませ。ようこそ缶珈琲専門店へ。 当店のお勧め缶珈琲をご賞味ください。
<正面写真>
SAPPORO 生粋 FRONTVIEW

「生粋」の漢字が新鮮。ともすれば英語を多用しがちな缶コーヒーのネーミングに敢えて漢字を使用したところが新しい。「生粋」 は 「まじりけが全くないこと」 を意味する(大辞泉)。さらに微糖。クリアな味覚が期待される。しかし、SAPPOROは 「JACK」 を諦めたか?

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
GW間近指数 ★★★★★

コク良し。甘み苦味のバランスも適度。「生粋」、「微糖」 から期待したBLACK的な苦味はなかったが、コーヒーのコクでキレを出している。これも確かに「生粋」だ。人口甘味料的甘みも比較的前面には出ていないところが好感。
暖かくなってきたこの頃の気候にぴったりだ。昼間は半袖で十分。本日は万博公園にポピーを見にやってきた。何かのバンドがライブってた。

<イメージ>
SAPPORO 生粋 IMAGE
スポンサーサイト



<正面写真>
EMERALD MOUNTAIN BLEND CAFE AU LAIT FRONTVIEW

ご存知の EMERALD MOUNTAIN (青)に、黒と白の新バージョンが登場。今回は白のカフェオレをチョイスしました。デザインは3色とも同じで色のみが違う。こういうアプローチは缶コーヒーの世界では今まで無かった(と思う)。いわゆるペットネーム(商品ブランド)が、一つのファミリーネームに格上げされた感じ。例えばトヨタのマークXからマークXジオが派生した感じに似ているか。これは、新鮮味の無くなったブランドのてこ入れ作戦か、それとも、売れ筋ブランドを利用した需要増狙いか? いずれにせよこの戦略は危険を孕む。 EMERALD MOUNTAIN ブランドの目指すところがぼやけ、コンシューマーの吸引力が散漫になるのだ。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★☆☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
上品指数 ★★★★★

「砂糖不使用」で、「アセスルファムK」 と 「スクラロース」 使用だが、人口甘味料特有の違和感のある甘みは抑えられている。ていうか、ほとんど甘みは感じない。苦味を抑える最低限の甘味料の使用と思われる。これに濃い目のミルクが上手くマッチして、上品な無糖カフェオレに仕上がっている。この辺はさすがにGEORGIAと言うほか無かろう。
僕は、梅田BIGMAN前で、人ごみを眺めながら舌鼓を打った。

<イメージ>
EMERALD MOUNTAIN BLEND CAFE AU LAIT MAGE


<正面写真>
FIRE Special frontview

ディープ・ブルー地に黄金の炎。まさにスペシャルだ。高級感有り、こいつは、貴方の所有欲も満たす。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★★
デザイン ★★★★★
スッペシャル指数 ★★★★★

ん、さすが、スペシャルの名前に恥じないベストバランス。コク良し。一口一口の喉越しに重みを感じる。高級豆51%の実力、ここに見たり!
保険市場にて、生命保険の見直しを実行中。1,5万円/月が3万円/月になった(T_T) これからは、アフラック始め、4社が僕を見守ってくれるのだ!

<イメージ>
FIRE Special image
<正面写真>
WONDA COOL VANILLA FRONTVIEW

「COOL VANILLA」。「男のデザート缶コーヒー」。こういうのを待ってたんですYO
バニラ味は過去に FAMILY MART が 「PASSO PRESSO」 のブランドで 「Vanilla cafe au lait」 なる缶コーヒーを出していた。これは非常に美味しかった。バニラとコーヒーが合うことを教えられた。それだけにこいつも期待だ!

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
待ってました指数 ★★★★★

うん、期待に違わぬ逸品。うまいです。もう少しコーヒーの苦味・コクが効いていれば5つ星は間違い無し。爽やかな甘みと喉越しはまさに 『デザート缶コーヒー』 だ。少し軽く感じられたところが残念。今後のマイチェンに大期待。バニラの商品展開は絶対ウケると思いますよ。缶コーヒー各社さま。
公園のパンジーがきれいに咲いている。ひげおじさんの顔がかわいらし・・・、あっ、こらっ、カシャッ。

<イメージ>
WONDA COOL VANILLA IMAGE

<正面写真>
WONDA ZEROMAX FRONTVIEW

上から順に赤・白・銀。どんな意味が込められているのかは判別できないが、なんともすっきりした、爽やかさを感じるデザインだ。「ZEROMAX」のネーミング、「糖質0」の文字、全身で無糖を主張している。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
小春指数 ★★★★★

微糖コーヒーにつき物の、残念な人工甘味料的甘さが残っているものの、飲み進むに付け、コーヒーの適度なコクにかき消されていく。こういう点はさすがにWONDAだ。ファーストコンタクト時の違和感を取り除けば、このカテゴリーも立派なグルメとして成立するだろう。微糖コーヒーの進歩と、若干の課題を感じた一本だ。
花見シーズンが遂に始まりました! 花粉を恐れずに飛び出そうではないか!!

<イメージ>
WONDA ZEROMAX IMAGE
<正面写真>
Do TASTE CAFEAU LAIT FRONTVIEW

Do TASTE 第2弾はカフェオレだ! カフェオレは一般的に甘い味を想像するが、こいつは糖類46%カット。微糖系のカフェオレは半年前のトレンドだ。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★★☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
人口甘味料指数 ★★★★★

上で低糖と書いたが、甘み強し。原材料を見る。甘味料アセスルファムK。こいつか、この甘さの原因は! 微糖コーヒー全盛の一時期、人口甘味料的な甘みがどうにも気になったが、この缶コーヒーも若干その傾向を引きずっている。なんというか、いつもと違う甘さに気が行くところがある。
世の缶コーヒートレンドは今、微糖からエスプレッソへと移っている。Do TASTEの新作に期待。
僕は、ついに入手した 「ドラえもん最終回(偽)」 を読んで涙した!

<イメージ>
Do TASTE CAFEAU LAIT IMAGE
<正面写真>
伊藤園 炭焼焙煎 BLACK FRONTVIEW

おっきなキャップ式缶。「BLACK」 と銘打つが、その上に「微糖」、下に「加糖」 の文字。ん~、ブラックか、微糖か。そこが問題だ。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★☆☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
クリア指数 ★★★★★

苦味、甘みとも控えめ。確かにこいつはブラックに近い微糖、超低糖だ。ブラックの苦味を消すためだけの最低限の加糖。それがこの飲みやすさに繋がっている。キレとまでは言えないが、クリアな味付けで好印象。
ついにガソリン暫定税率期限切れでガソリンが安くなった! 僕は早速、愛車アドレスV100のガソリンを入れてきた。126円でした。数日前に比べると安いが、それでも5年前からは考えられない高価格。何とかならんもんか。

<イメージ>
伊藤園 炭焼焙煎 BLACK IMAGE
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 缶珈琲専門店 all rights reserved.
ご訪問頂いたお客様
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング
メーカー別
過去のメニュー
新入荷缶コーヒー
ブロとも申請フォーム
お探しのコーヒーは?