FC2ブログ
いらっしゃいませ。ようこそ缶珈琲専門店へ。 当店のお勧め缶珈琲をご賞味ください。
<正面写真>
Roots innocent brew front view

新しい 「3-4」 スタイルに変更するのかと思いきや、ウエストウェーブ缶で新製品が登場した。どうやら両トップで行くようだ。純水抽出を謳う REAL BLEND。陽が差す淡い青から、深海を思わせるダークブルーに変化するカラーリングが、奥の深い味付けを予想させる。期待度大!

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
Roots快走継続中 ★★★★★

甘・苦のバランス絶妙。ミルク感も適度で、コク良し。濃厚さの中に、きれいな水を感じさせる出来。デザインとも相俟って、奥の深い、じっくり楽しめる味に仕上がっている。Rootsの勢いが止まりません。缶コーヒー愛好仲間の間でも、最近のRootsはハズレがないと好評価。
歩きながらの缶コーヒー。なんだか懐かしさを感じさせる道に遭遇した。この道を行けば、いつか友達と缶蹴りをしたあの公園にたどり着く。そこではマサシとタカシがボクを待ってるに違いない。ボクはノスタルジックに浸りながら、ふるさとに想いを馳せた!

<イメージ>
Roots innocent brew image
スポンサーサイト



<正面写真>
伊藤園 ITALIAN ESPRESSO FRONTVIEW

Espressoで微糖は過去に記憶が無い。原材料表示を見るが、人口甘味料は使っていないようだ。自然な味付けが上手な伊藤園、新しいテーマにどう挑んだか!?

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
濃い苦指数 ★★★★★

よい微糖です。適度に甘みを抑え、コーヒー感を生かした味付け。これでいいんです、微糖は。とマスターは思うのです。無理に甘くしなくてもいいんです。抑えた甘みとエスプレッソの濃い目のコーヒー感が、過去に無い、大人な、苦味の効いた喉越しを貴方に提供する。
大歩危・小歩危で一泊の後、僕達は旅の最終目的地、高知県の 「アンパンマンミュージアム」 にやって来た。大喜びする娘を片目に、大人のエスプレッソで一服。至福のひと時。

<イメージ>
伊藤園 ITALIAN ESPRESSO IMAGE
<正面写真>
GEORGIA COFEE HUNTER FRONTVIEW

「ハンターだけのとっておき」 缶コーヒー。美味しいコーヒーだけを狙い撃ちにするという、特選珈琲をお届けする新ブランドのようだ。インドネシア・フローレス島の豆らしい。「そよ風をイメージしてまろやかな味わいに仕立て上げ」 たらしい。カラーリングはワイン調で大人っぽい。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
果実指数 ★★★★★

一飲してフルーティな味わい。SEASON'S BESTシリーズに通じるフルーティ感。コカコーラはこの方向性を極めた感がある。 「まろやか」 と言う感じは無いが、「そよ風」 という表現はピッタリ当てはまる。南国をイメージしたこの味は好印象。
家族旅行にて、四国は大歩危・小歩危に来てます。おーい、君、そんなところで小便すると危ないよ。

<イメージ>
GEORGIA COFEE HUNTER IMAGE
<正面写真>
キンキサイン 香雫 珈琲 image1

ん~。珍しい缶コーヒーを発見。キンキサイン株式会社製。キンキサイン株式会社は兵庫県姫路市の会社のようだ。HP上に製造ラインの写真を載せるなど、製品への取り組みがなかなか真摯だ。正面の写真も良く、好印象。きれいな水をイメージさせるデザイン。「香雫 (かおりしずく)」 とは、素敵なネーミングじゃね?

<背面写真>
キンキサイン 香雫 珈琲 image2

残念なのは原材料表示とか、正面写真以外の部分。情報としては必要なことが全部書いてあるのだろうが、この辺にも一工夫が欲しい。もう一皮向けて都会的になるにはね。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
酸  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
レア指数 ★★★★★

クリアでキレ良し。きれいな水を使ってますな。意外に秀逸な逸品。驚きました。巨大メーカーに引けをとらぬどころか、勝っているかもしれない、この喉越しの珈琲感。お勧め。とはいえ、何処で手に入れるかが問題だ。
土日と遊び疲れたボクは、明日からの1週間に備えて、チオビタで栄養補給することとした!

<イメージ>
キンキサイン 香雫 珈琲 frontview
<正面写真>
ROOTS FINE BEAT FRONTVIEW

どうやらROOTSは、「クビレスタイル」 から、この、新しい 「3-4」 スタイルに意匠変更したようだ。「クビレスタイル」 のグラマラス感も良かったが、この新しく、シャープなデザインもまたいい。3本のラインで4つのエリアに分けてある。上から順に、①「Roots」 のファミリーネーム、②「FINE BEAT」 とかのいわゆるペットネーム、③商品の特徴説明、④「コーヒー」の記載(法上の要請?)となっている。イメージも良いし、なおかつ内容の理解もしやすい。ブランドマネジメントに長けた人物の設計と見た!

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★☆☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
微糖、ここに極まれり度 ★★★★★

流行の微糖だが、原材料を見ても人口甘味料の記載無し。そのせいか、嫌味の無い、気持ちのいい甘さが、ほんの僅かに、ほんのりと感じられるのみである。無糖コーヒーに、ほんのちょっとだけ砂糖入れました、という感じ。缶コーヒーマスターとしては、この方向が微糖の正しい道のように感じるのだが。コーヒーのコクも良く出てるし、キレの中に重厚感がある。微糖では過去最高の味と言うことで、5つ星評価とする。さすがRoots、ノッてるメーカーは違うぜ。
「ぱん焼き君」、遂に稼動! なんとかわいらしいこの形・・・。

<イメージ>
ROOTS FINE BEAT IMAGE
<正面写真>
GEORGIA EUROPEANfrontview

GEORGIA EUROPEAN が装いを変えた。以前の装いはこちら。良く見ると変わったが、パッと見ると何処が変ったか分からないという、良く言えば方向性を堅持した、悪く言えばデザイン変更の意味の見えない進化(?)だ。この程度の変化がブランド刷新・新規需要開拓に繋がるとは考えにくいような気が…、といいつつ、買っちゃったー

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★☆☆
保守的です度 ★★★★★

モデルチェンジ前は 「軽い印象」 と評価していたが、どうしてどうして十分コシがあります。微糖ブームで他のコーヒーのパンチ力が全体的に弱まったためにそう感じるのだろうか? 嫌な人口甘味料の甘さも抑えられていて、苦味とのバランス良し。デザインについては、もう少しドラスティックな変革を欲しかったので三ツ星止まりだ。
我が家に新しい友達、ホームベーカリーの 「ぱん焼き君」 (ナショナルSD-BH101)がやってきました。焼きたてパンが楽しみだー(^^)

<イメージ>
GEORGIA EUROPEAN image
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 缶珈琲専門店 all rights reserved.
ご訪問頂いたお客様
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング
メーカー別
過去のメニュー
新入荷缶コーヒー
ブロとも申請フォーム
お探しのコーヒーは?