FC2ブログ
いらっしゃいませ。ようこそ缶珈琲専門店へ。 当店のお勧め缶珈琲をご賞味ください。
<正面写真>
WONDA THE Cafe Au Lait frontview
「THE Cafe Au Lait」。シンプルなネーミング。定番化されつくしたカフェオレ界に真っ向勝負を挑む。これは本気だ。一見して字の多いデザインも、飾らずに真正面から勝負する意欲を感じさせる。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
真っ向勝負指数 ★★★★★

ミルク感良好、強めのコクとミルクのマッチング良好、濃厚さも良好。これはマスター好みの一品。「練乳、砂糖などをじっくり煮詰めた『ローストミルク』のまろやかでコクのあるミルク感」。まさにその通り。よい仕事をしましたね。その直球、確かに受け止めた。
本日、ネッツトヨタにて「iQ」のパンフをもらってきた。これもトヨタの直球勝負。とことん小さく。良い仕事だ。売れるんじゃないかと思う。消費は冷え込んでいるが。

<イメージ>
WONDA THE Cafe Au Lait image
スポンサーサイト



<正面写真>
SANGARIA ぷるっとコーヒーゼリー FRONTVIEW
缶コーヒとは少し違うかもしれないが、これも缶コーヒーの仲間である。「10回以上強く振って」とある。この飲む前の作業が僕らの子供心をくすぐる。缶でコーヒーゼリーを飲むと言うアイデアが斬新だ。缶コーヒー文化の奥深さが感じられよう。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
斬新指数 ★★★★★

ゼリーと言う感じではないかな。しかしドロっとしたこの飲み心地は確かにゼリー的ではある。甘み強めではあるが意外にコクも良好。振りすぎたせいか、アワアワで若干スカスカに感じた点は否めない。しかしこの缶コーヒーはチャレンジものである。これからこういったマイナス面を消し、発展させて行って欲しいところだ。
ハロウィンが近づいてきた。1年は早いなぁ。1年前

<イメージ>
SANGARIA ぷるっとコーヒーゼリー IMAGE
<正面写真>
BOSS ほっと珈琲 frontview
「ほっと珈琲」。
BOSS 憩」、「ボスの休日」、「冬のくつろぎ」、「BOSS 木陰」と、休憩時のおともを狙ったネーミングが定期的に出てくるボスブランド。これもブランドターゲッティングが明確に出来ている故であろう。今回の「ほっと珈琲」ではカップに注がれた珈琲にミルクで描かれたボスの絵がささやかな笑いを誘う。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
町のほぉっとすてぃしょん指数 ★★★★★

これいいね。ほっとするね。濃い目でコク深め。甘さはもあるが少し苦味を前面に押し出したチューン。残念なことにコールドで飲んでしまった。この濃さはホットのほうが合うだろうなぁ。
開業日(10月19日)に京阪電車の中之島新線にのってきた。新しい駅はごみ、よごれ一つ無く、なんとも美しい風景だった。鉄男さんたちもたくさんいたよー。

<イメージ>
BOSS ほっと珈琲 image
<正面写真>
FIRE THE AROMA FRONTVIEW
「THE AROMA」。「ラムの香り」。「〈ノンアルコール〉」。そして紺色、シルク風の背景。全てが大人、つまりアダルトだ。ここまでターゲットを特化するならアルコール入りでも良かったか。食品関係法の関係で制約があるのだろうか。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
アダルティア指数 ★★★★★

濃厚系でコク強め。苦味もやや強。ほのかに洋酒の香り漂う魅惑の逸品。これはオススメできます。やはりブランドの統一性こそが僕たちに夢を与え、購買意欲を感じさせるに至るのだ。そんなブランディングの常識を再認識した一本であった。
2008年10月19日に京阪電車中之島新線が開業する。真ん中に見えるのが新しい大江橋駅だ。おしゃれな外観。陸の孤島と呼ばれた淀屋橋界隈が大きく変革することが予想される。この辺でマンション買って転がせないものか・・・。大人な缶コーヒーには大人な妄想が良く似合う。

<イメージ>
FIRE THE AROMA IMAGE
<正面写真>
UCC DEEP MASTER FRONTVIEW
アルミ感覚溢れるきらめきBODY(スチール缶だが)にワインのような艶かしい赤と黒の競演。大人の缶コーヒーを全身で表現。「DEEP」な、濃厚なコーヒーが期待できる。超濃厚系の缶コーヒー作りで定評のあるUCCである。この超濃厚系の方向はマスター好みだけに期待度大。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★★
デザイン ★★★★★
UCCの本気度 ★★★★★

ん~。期待通りの濃厚さ。さすが。コク強めのコーヒーと濃密なミルクが織り成すハーモニー。甘みも強め。「コーヒーシュガーを加えた」とある通り、独特な甘みがある。この甘みが少し気になったので4つ星としたが、5つ星に近いことは間違いない。
車の後部座席に長男用チャイルドシートを取り付け。長女用は助手席に移動だ。小さなVITZにチャイルドシートが2つ。運転にも気合が入ります。

<イメージ>
UCC DEEP MASTER IMAGE
<正面写真>
FIRE MENTHOL FRONTVIEW
FIREが新しい試みに挑戦!「メンソールの香りですっきりとした後味に仕上げました。後に残る香りが気になる方にファイアから新提案」!!スッとした後味を予想させる淡いグリーン。未知の味に期待度大。心うきうき。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
メンソーレ指数 ★★★★★

経験したことの無い味。ミントのようなほろ苦い、喉にスッと来る爽快感。確かにメンソールだ。飲んだ後に口の中がすっきり、歯磨きの後のようなクール感。これはこれであり。ただ、何回も飲むような代物ではないかもしれない。新しいチャレンジに拍手喝さい。
タバコは吸わないのでタバコのメンソールがどんな感じか分からないが、きっとこんな感じなのだろうと推測。きしくもMILD SEVEN MENTHOLとカラーリングが似ている。

<イメージ>
FIRE MENTHOL IMAGE
<正面写真>
BOSS RAINBOW FRONTVIEW.jpg
BOSSの看板、「RAINBOW MOUNTAIN」がマイチェン。過去のパッケージデザインはこちらこちら。過去のチェンジに比べると大きめのチェンジ。とはいえ虹のイメージのデザインコンセプトは不変。こういう進化を続ける姿勢には拍手。何かといえばすぐに新しいシリーズを出したがる近頃の風情たちにも見習って欲しい。ブランドは安易に創造するもんではなく、育てるものなのだ。もちろん歴史が古臭さに繋がる危険性もあろうが、そこはブランドの再構成、ブラッシュアップで深化させればよいのだ。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★★☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
正常深化指数 ★★★★★

飲み比べたわけではないので正確ではないかもしれない。しかし若干甘味が抑えられた印象。とはいえ喉越しに感じる苦味とコク、そして濃厚さは相変わらず優秀。もはやRAINBOW MOUNTAINはBOSSの顔になった。
我が家の新しい家族。この世に生を受けて2日目。その小さなおてて。まぁなんとかわいらしく、そしていとおしい。僕はRAINBOW MOUNTAINを味わいながら、幸せを噛み締めた。はやくお家においで。お姉ちゃんがまってるよー(^^)

<イメージ>
BOSS RAINBOW IMAGE.jpg


<正面写真>
TOPVALU ブレンドコーヒー image
「苦味をおさえたマイルドな味わい」。原材料名の欄を見ても「砂糖」が最初に。甘みが前面に出る味付けが予想される。外観は超ベーシック。

総合評価 ★★★☆☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★☆☆☆
デザイン ★★★☆☆
がぶ飲み指数 ★★★★★

若干薄め。あっさりと飲める、いわゆるがぶ飲み系。トールサイズは良いが、もう少しトリップさせてくれ~。
マイカル映画館にて。外国チックな雰囲気に酔いしれる。子どもが大きくなったら皆で映画を見に行きたいね。「ランボー12」とか。

<イメージ>
TOPVALU ブレンドコーヒー frontview
<正面写真>
DyDo D-1 FINE CLEAR frontview
クリア、キレを存分に感じさせるブルーカラー。微糖。糖類50%減。微糖としては後発品となるだけに完成度に期待。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★★
完成指数 ★★★★★

適度な甘みあり。苦味弱め。確かに切れを感じさせるできばえ。コクは控えめ。微糖とは思えない味付けに拍手。嫌味な甘さも無い。普通に楽しめる一品に仕上がっている。微糖もここまで来たかと、その完成度に感心するほかあるまい。
昨年12月にオープンしたSHOP99だが、9月30日をもって閉店しました。やはりこの場所でコンビニは難しいか・・・。
変遷→07年7月07年11月07年12月

<イメージ>
DyDo D-1 FINE CLEAR image
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 缶珈琲専門店 all rights reserved.
ご訪問頂いたお客様
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング
メーカー別
過去のメニュー
新入荷缶コーヒー
ブロとも申請フォーム
お探しのコーヒーは?