FC2ブログ
いらっしゃいませ。ようこそ缶珈琲専門店へ。 当店のお勧め缶珈琲をご賞味ください。
<正面写真>
伊藤園 W Cofee Cafe Mocha front
いやいや、寒い日が続きますなぁ~。こんな寒い日にはホットな缶コーヒーを一本どうぞ。
最近、エチオピア産のモカコーヒー豆の農薬残留問題で、喫茶店からモカがなくなるのではという噂が流れている。この缶コーヒーは大丈夫か!?説明書きを読んでも産地のコメントは無い。「★CafeMochaとは、カカオやチョコレートを使用したフレーバーコーヒーのメニュー名称です。」の記載が。つまり、コーヒー豆の産地にかかわらず、「CafeMocha」という種類のメニューがあるということか。「デミタス」とかと同列であって、必ずしも産地を表すものではないと言う事だね。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★★☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
寒い冬にピッタ指数 ★★★★★

甘み強めで濃厚系。ココア的な味付け。熱いうちに飲み切りたい一本。寒い夜には、こんな濃厚系がうれしいですな。
飲み会にて、チョー久しぶりにミナミ・道頓堀にやってきた。賑わってますなー。

<イメージ>
伊藤園 W Cofee Cafe Mocha image
スポンサーサイト



<正面写真>
POKKA aromax LATTE ITALIANO front
aromax LATTE ITALIANOがマイチェン。マイチェン前はコチラ。地道にマイチェンを続けるPOKKAの姿勢に拍手。新鮮味を出すためにすぐに新製品を出すメーカーも多く、そういうのも、面白いと言えば面白いが、ブランドを育てる、そんなメーカーがあってもいい。

総合評価 ★★★★★
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★★☆
デザイン ★★★★☆
hanahana度 ★★★★★

濃厚でミルク感豊かなチューニングは健在。マイチェンで若干コーヒーのコクが強まったように思う。甘み苦味のバランス良好。5つ星。しかし、周辺の追い上げ激しく、相対的に頭一つ出た感は弱まってきている。
蹴っても蹴ってもウンともスンとも言わないV100を眺めながらのこの一本。初年度登録がH11年12月なので9年1ヶ月ですか。エアクリの掃除・交換→したことなし、乗るときは全開か全閉のみ、という状態で、ノーメンテで、よくここまで走ってくれたと言うほか無い。いまでも暖かいときにはキックでエンジンはかかるし、スピードは80kmは出る。しかし朝エンジンがかからないのはどうしようもない。ということでついにマスターは乗換えを決意した!次は名車だったV100の後を継ぐアドレスV125Gに決定!中古(1900km走行済み)で17万8千円(車体価格)!!1週間後の納車が楽しみ。次は20年10万km乗ることを目標に、回し過ぎない、定期整備する、を心がけるのだ。

<イメージ>
POKKA aromax LATTE ITALIANO image
<正面写真>
GEORGIA  UP BEAT FRONTVIEW
イコライザーをイメージさせるポップなデザイン。心うきうきなデザインだ。「砂糖不使用」ながら「ほんのり甘」く、ガラナ配合で「ちょっぴり元気が欲しいときにおすすめ」とのこと。栄養ドリンク系の味が推測される。

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★★☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★★
ズン♪チャッ♪指数 ★★★★★

予想した栄養ドリンク系の味はあまり感じられなかった。飲んだ後、ほんの僅かに口元に薬っぽい清涼感が残るが、大枠は一般的な微糖系の味付けである。「ガラナ配合」のコピーとポップなデザインが特徴のこの缶コーヒーだが、中身とのマッチングには若干の疑問を感じないわけではない。もしかして後でガラナが効いてきたりして・・・。
今日は須磨海岸近くの小学校で出張授業を行った。元気な子供たちを相手に1時間の授業。逆にこちらが元気をもらった。ニッポンの未来は明るいぞ、と、冬の須磨海岸で一人思うのであった。おぉ寒ぅ。

<イメージ>
GEORGIA UP BEAT IMAGE
<正面写真>
伊藤園 W Cofee CINNAMON Cappuccino front
「W Cofee CINNAMON Cappuccino」がリニューアル。マイチェン前はコチラ。前回は5つ星を叩き出したこのカプチーノ。全体的印象としては特に変化が伺えない外観。よく見ると細かく変わってはいるようだが。どんな風に変わったか?マイチェン前は「カフェイン145mg」と書いてあったのだが、今回は「カフェイン105mg」・・・って、減ってんじゃん!!代わり(?)に「コーヒーポリフェノール50mg」!!

総合評価 ★★★★☆
苦  味 ★☆☆☆☆
甘  味 ★★☆☆☆
濃 厚 度 ★★★☆☆
デザイン ★★★★☆
あれっ?指数 ★★★★★

マイチェン前はミルク感をベタボメしていたが、今回は若干薄めに感じた。いや、薄めというか、コクもミルク感も共にパンチ力不足というか、今一厚みを感じなかったぞ!?なぜだ?思うにデミタスとかカプチーノといった濃い目の缶コーヒーが増え、相対的にジャンルのレベルが高くなったせいではないだろうか。ミルク感の裏に込められたコクは健在。しかし、ブームの変化に合わせて改良を続ける開発人の大変さには同情の念を禁じえない。
通りかかった大阪市庁舎前でパチリ。この横で「光のルネサンス」をやっていたはずだが、一度も行かなかったなぁ・・・。

<イメージ>
伊藤園 W Cofee CINNAMON Cappuccino image
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 缶珈琲専門店 all rights reserved.
ご訪問頂いたお客様
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング
メーカー別
過去のメニュー
新入荷缶コーヒー
ブロとも申請フォーム
お探しのコーヒーは?